Apple WatchでFacebookを使いたい人のためのアプリ『Littlebook』、ニュースフィードの閲覧や”いいね”も可能

Littlebook

いち早くApple Watchに対応したTwitterやInstagramなどと違い、未だに公式のAppleWatchアプリをリリースしていないFacebook。
Apple Watchの小さい画面ではユーザーが求める体験を提供できないという判断でApple Watchに未対応だということですが、それでもApple WatchでFacebookを使いたいという人も少なくないと思います。
そんな人にぴったりのアプリがついにAppStoreで公開されました。
360円という値段がちょっと高めなのが気になりますが、ちゃんとApple Watch単体でFacebookが使えています!

Littlebook - for Facebook on Watch

360円
(2016.05.15時点)
posted with ポチレバ

「Littlebook – for Facebook on Watch」でできることは

アプリを起動すると表示されるのがこの画面。
「ニュースフィード」と「投稿」のボタンが表示されています。
IMG 0650

まずはニュースフィードを閲覧してみよう

ニュースフィードを選ぶと、iPhone版のニュースフィードをそのまま縮小したようなデザインで最新のニュースフィードが表示されます。(というか本当にニュースフィードを画像としてそのまま縮小して表示しているようで、文字などがちょっとボケて表示されます…。)
IMG 0648 2

デフォルトで表示されるのは最新の投稿10件だけですが、フィードの最下部にある下矢印をタップすると過去の投稿を次々と読み込ませることができます。
IMG 0649

投稿をタップすると「いいね」画面へ。
IMG 0661

「いいね」ボタンを押すと、もちろん投稿に対する「いいね」が可能です。
IMG 0662

テキストのみの投稿の場合は「いいね」だけですが、画像や動画の投稿の場合は詳しく見るためのメディアボタンも表示されます。
IMG 0663

画像の場合は投稿内の画像を単独で閲覧することができます。
また、複数の画像が投稿されていた場合は、左右フリックですべての画像を閲覧することができます。
IMG 0664

また、動画の場合はApple Watch上で動画の再生を行うこともできます。
音声もしっかりApple Watchのスピーカーから再生され、デジタルクラウンで音量をコントロールすることもできますよ。

Apple WatchからFacebookへの投稿を行う

最初の画面で「投稿」をタップすると音声入力がはじまります。
IMG 0654

私の環境では音声入力の初期設定が英語での入力に設定されていました。
音声入力画面を長押しすることで入力言語の切り替えができるので、同じように英語で入力されてしまう人は言語を日本語に切り替えてみてください。

<参考:音声入力画面で言語を切り替える|全部使いこなせてる?意外に知らないApple Watchの隠し機能10選!

音声入力後「Done」を押して入力を確定すると、次は投稿先の指定です。
IMG 0655

投稿範囲を友達限定にするか全体にするかを選ぶと、Facebookへの投稿が完了します。
iPhoneで見てみると、ちゃんと投稿されています!
IMG 0656 3

オフラインに保存するニュースフィードの投稿数を変更する

Apple Watch内に保存する投稿の数を変更することもできます。
最初の画面を強く押すと表示されるメニューで「Offline 2Go」を選ぶと、オフラインに保存する投稿数を設定します。
IMG 0658

ただ、バックグラウンドで最新の投稿を同期する処理がうまく動かないことも多く、オフラインの記事数を増やしてもニュースフィード読み込みには結構時間がかかることもあるのでご注意ください。
IMG 0660

また、ニュースフィード画面を強く押すと「Refresh」ボタンが表示され、ニュースフィードを再読み込みすることもできます。
IMG 0667
オフラインの記事をすべて削除して再読込するため、2〜3分くらいかかることもあるので、こちらも使用の際はご注意ください。

「Littlebook – for Facebook on Watch」を使うための初期設定

Littlebookを使うためには、まずiPhoneアプリでアカウント設定が必要です。
Facebookのアカウント・パスワードを入力し、Facebookにサインインしてください。
IMG 0644

LittlebookのiPhoneアプリは、Apple Watchアプリのための設定を行うアプリです。
ニュースフィードの表示サイズやアカウントの再設定、ニュースフィードの更新などをiPhoneから行うことができます。IMG 0669
最小サイズと最大サイズの表示例。結局初期設定のサイズが一番見やすい気がします…。


というわけで、Apple WatchでFacebookが使えるアプリ「Littlebook」の紹介でした。

使用できる機能は限定的ではあるものの、Apple Watchで行いたい操作としては必要十分なものが盛り込まれていると思います。
画面の小ささやiPhoneとの通信が遅いのは毎度のことですが、想像以上に使いやすいアプリという印象です。

ただ、気になるとすればやはり360円という値段ではないでしょうか。
将来的にFacebookが公式のアプリを出すことがあれば間違いなく無料で提供されるアプリのはずなので、ちょっと割高には感じてしまいます。
もちろんApple Watch発売から1年が経っても未だApple Watch対応をしていないということは、公式アプリが出る期待値は低いとは思うんですが…。

とはいえ、FacebookをApple Watchでチェックしたいという人にとっては現時点ではこの「Littlebook」を使うのが間違いなく最適な方法です。
人に見せる際にウケが良いアプリでもあるので、気になったひとはダウンロードしてみてください!

Littlebook - for Facebook on Watch

360円
(2016.05.15時点)
posted with ポチレバ