ついにGoogleマップがAppleWatchに対応!純正のマップアプリとどっちが便利か検証しました!

Watch photorealistic mockup

言わずと知れた最強の地図アプリ「Google Maps」が、ついにAppleWatchに対応しました。
iPhone版の「Google Maps」はApple純正のマップアプリよりも利用者が多いとすら思える人気アプリ。
当サイトのユーザーの方の中にも、愛用している方は多いのではないでしょうか。

Appleのマップアプリは公開当初はいろいろと問題が多く、私も最近まではGoogleマップを利用していました。
とは言え、iPhoneでのルート案内など純正アプリならではの使いやすさも捨てがたく。
当初のマップの不具合が解消された最近では、Appleのマップアプリの方を使うことが多くなっています。

ただ、watchアプリの出来によっては再びGoogleマップユーザに戻る可能性もあるかも!
ということで、Appleの純正アプリと比較する形で、watchアプリ版の「Google Maps」をレビューしたいと思います。

Google Maps

無料
(2015.10.02時点)
posted with ポチレバ

登録した地点へのルート案内―Google Mapsの場合

アプリを起動すると、何ができるのかが一目瞭然。非常にシンプルな画面が表示されます。
IMG 8508

「自宅」「職場」をタップすると、それぞれ登録済みの自宅・職場までのルートを表示してくれます。
IMG 8561

「自宅」「職場」の登録を行っていない場合は、iPhoneから!

「自宅」「職場」の登録が無い場合は、当然ボタンを押しても登録を促すメッセージのみが表示されます。
IMG 8509

登録はiPhone版の「Google Maps」から、メニュー>マイプレイスと選択し、「自宅」「職場」の項目の「住所を入力」から登録してください。
IMG 8559 2
※アカウントに対して登録されるため、PCから登録することも可能です。

3Dtouch(画面を強く押す)で表示されるメニューから、「徒歩」「車」「公共交通機関」の切り替えを行うことができます。
IMG 8511

また、一度でもルート案内をしたことがあれば、画面上に「最近使ったルート」が表示されます。
ここでも、「自宅」「職場」と同じように、タップするとルートを表示してくれます。
IMG 8516

ルート案内は非常にシンプルなもので、「南東」「北西」などの方角と、矢印などのアイコンが表示されます。
不慣れな土地だと方角を把握できていないこともあり、スタート時点でどの方向へ進めばいいのかわからなくなりそうなのがちょっと気になります。。

また、ここで表示されるルート案内はリアルタイム案内ではなく、あくまで現在地点からのルートを静的なページとして表示してくれるモードです。
リアルタイムに案内してもらうためには、地点ごとに「自宅」「職場」のボタンを押してルートの再検索をおこなう必要があるので注意してください。
※なので正式には「ルート案内」ではなく、「ルート表示」の機能ですね。案内されていると思って通知を待っていても何も飛んでこないので要注意です!

登録した地点へのルート案内―Appleの「マップ」の場合

“iPhoneアプリのコンパニオン”という位置づけのGoogle Mapsと違い、Appleの「マップ」アプリはあくまで独立した地図アプリ。
そのため、起動画面はちゃんと地図です。
IMG 8568

登録地点へのルート案内を行う場合は、3Dtouch(画面を強く押す)で表示されるメニューから「検索」で行います。IMG 8562
※アドレス帳に登録している場所へ行く場合は「連絡先」からも目的地設定が可能。

あくまで検索なので、「自宅」などのように登録済の場所だけではなく、音声入力により自由に目的地を設定することができます。
IMG 8563

目的地確定後、「徒歩」「車」「交通機関」の経路選択を行います。
ただし、日本はまだ交通機関のサポートが始まっていないため、ボタンをタップすることはできません…。
IMG 8564

ルート確認画面が表示され、「出発」を押すとルート案内のスタートです。
IMG 8566

ルート案内中は次のアクションが画面全体に表示され、さらにタップすることで地図を確認することができます。
IMG 8528

経路の全体を一覧するGoogleマップに対し、次のアクションのみを表示する純正「マップ」アプリ。
ここが2つのアプリのルート案内(ナビ機能)の大きな違いで、どちらが好みか人によって分かれそう。
また、「マップ」アプリでは地図が表示される点が特徴的でわかりやすいですが、iPhone↔AppleWatch間の通信が低速なため、地図の表示に少し時間がかかってしまうのがネックです。(ゆっくり待つくらいならiPhone取り出して確認するわ!と思う人も多いはず。。)

ルート案内中は、「右折」などのアクションを行うタイミングに合わせて、リアルタイムに通知(画面と振動で)が届きます。
また、地図を見ながらルートをチェックしていた場合は、時計や他のアプリを使用しても、表示の度に地図を表示してくれて、とても親切なアプリです。
IMG 8534
※地図を見た後デジタルクラウンを押して時計を表示していても、次に手首を持ち上げた時はちゃんと地図が表示されます!

ルート案内のキャンセルは、案内中の3Dtouch(画面を強く押す)から行います。
IMG 8531

iPhoneアプリとの連動―Google Mapsの場合

iPhoneの「Google Maps」でルート案内を始めると、watchアプリもルート案内モードになります。
IMG 8513
案内はやっぱり方角と距離、矢印などのアイコンのみのシンプルな表示で行われます。

次に取るべきアクションの案内はアプリからではなく、Notification(通知)の仕組みを使って実現しています。(そのため、iPhone側にも通知が届きます。)
ただし、通知は完全にリアルタイムではなくちょっとタイミングが遅れたり、うまく通知が来ない時もありまして…。
ここが純正アプリと比較した際の最大の欠点かもしれません。。
IMG 8525

3Dtouch(画面を強く押す)により、ルート案内のキャンセルも可能です。
IMG 8520

iPhoneアプリとの連動―Appleの「マップ」の場合

マップアプリの挙動は、目的地設定をiPhoneから行うというだけで、前述した「登録した地点へのルート案内」と同様となります。

Google Mapsと純正「マップ」、ぶっちゃけどちらが便利?

Google Mapsの良いところ

一般的には、やはり「公共交通機関」込みのルート検索ができるところが一番の魅力でしょうか。
ただ、交通機関のルート案内はあくまで乗換案内アプリでやって、駅から目的地までの案内を地図アプリで、という使い方をする人も多いと思うので、そういう使い方をする人にとっては純正「マップ」でも問題ないかもしれません。

個人的には、ルート案内がリスト状に一覧化できるのが良いな!と思います。
“次に何をする”に特化した画面レイアウトの「マップ」に比べ、常に全体のルートを把握しやすいところがGoogle Mapsの魅力なんじゃないかと思います。

Apple純正「マップ」の良いところ

AppleWatch本体のスペックをフルに活用できるのがやはり純正アプリの最大の魅力。
タプティックエンジン(AppleWatch特有のバイブレーション)を使った通知のタイムリーさはもちろん、ルート案内中に時計の文字盤ではなく地図を常に表示してくれるのも非常に便利です。
Google Mapsも通知の機能を使ってルート案内をしてくれるものの、「マップ」アプリは画面に一切触れるることなく、常にルートを確認できるんです!
こういうサードパーティ製アプリにできない強い連動が最大の魅力ではないでしょうか。

また、AppleWatchアプリ単体で、目的地設定が自由にできるのも魅力でしょう。
ただ、過去に検索したことのあるルート・登録済みの場所以外を検索する場合は音声入力の必要があり、人混みで使うのはちょっとためらわれる点は気になります。
そもそも、ある程度複雑な操作が必要な作業であればiPhoneでやった方がよくない?とも思ってしまいますしね。。。

まとめ

IMG 8524

というわけで、正直なところ絶対的にどちらがいいとは言い切れない二つのアプリ。

根本的なコンセプトの違いとしては、「マップ」アプリをそのまま手首に移植したタイプのApple純正「マップ」アプリと、”ルート案内”というスマートウォッチで最も利用頻度が高そうな部分だけを切り出した「Google Maps」という比較ができると思います。

それを踏まえると、普段iPhoneを鞄に入れていていちいち取り出すのが大変な人や、不慣れな場所に行く機会が多く、毎回しっかりとルートを確認したい人には純正「マップ」アプリが。
iPhoneはだいたいポケットに入っているのでいざという時はiPhoneでチェックすればいいという考えの人や、方向感覚が優れていて一度地図を見ていればあとはざっくりとした情報でも迷わない人には「Google Maps」が向いているんじゃないかと思います!


Google製のAppleWatchアプリは「Googleニュース&天気情報」に続いて、これでようやく2つ目。
最人気アプリの一つである「Googleマップ」が対応したということで、今後GoogleがAppleWatch対応を進めていく可能性も感じる今回のリリースでした。
Googleが本腰を入れることでサードパーティ製アプリの活性化にもつながると思うので、AppleWatch界隈はますます楽しくなりそうです!

Google Maps

無料
(2015.10.02時点)
posted with ポチレバ

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です