【Apple Watchでできること】まとめ

「AppleWatchは必ず両手で操作する必要があるから不便!」そんな不満を解消する画期的な操作方法が話題に

2FA0828100000578 3375075 image a 26 1451181438289

AppleWatchを使っている上で不満に感じる点はいくつかありますが、Apple Watchを操作する場合は必ず両手操作をする必要がある点に不満を持っている方は多いと思います。
iPhoneなら片手で操作できるのに対し、AppleWatchの場合はAppleWatchを装着している手を持ち上げて、逆の手で画面をタッチする必要があるのです。
もちろんAppleWatchならカバンやポケットから取り出すという1アクションは不要ですが、荷物を持っている時や傘をさしている時など、AppleWatchの画面をタッチするのはなかなか大変です。

そんな不満に応える画期的な操作方法がついに発見されました!

その画期的な操作方法というのは、「鼻」を使って操作するというもの。
画面を鼻の先でタッチすると、確かに片手でもAppleWatchを操作することができます!

当サイトではおなじみ、AppleWatchなどの腕時計型デバイスに関する統計調査を専門に行っている調査会社Wristlyによると、実に半数のユーザーが「鼻」を使った入力の経験があるというデータも出ています。
(さらに、28%のユーザーは、調査を受けて「鼻での操作を試してみたい」と答えているようです。)

実は私も今まで「あご」を使ってAppleWatchを操作したことは何度かあったんですが、試してみるとギリギリまで画面を見ながら操作ができる「鼻」の方が小さなボタンでもタッチしやすいように感じます。

AppleWatchはいつも身につけているものだけに、どんな状況でも使いやすい操作性が求められます。
これまで、操作の際に両手が必要な点に不満を感じていた方は、この画期的な方法をぜひ試してみてください!

[ via Hands full? Apple Watch owners discover they can control hi-tech gadgets with their NOSES – Mirror Online ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です