AppleWatch Series5のコンパス(方位磁石)機能、一部のバンドで使用されている磁石と干渉の恐れ。ミラネーゼループ等を使用する場合は影響あるかも

AppleWatch Series5の目玉機能の1つとして、先日のスペシャルイベントで発表された「コンパス(方位磁石)」機能。
コンパスなので「方位」がわかるのはもちろん、傾斜、緯度、経度、標高なども表示できる、意外に利用シーンが多そうな新機能です。

マップとの連携などで、AppleWatch単体での動作に期待したい新機能なのですが、コンパスなので「磁石」の影響を受けることは避けられず、一部のバンドで利用されている磁石との干渉が指摘されています。

Apple自身もAppleWatchのバンドページにて以下のような注意文言を記載し、注意を促しています。


一部のバンドに含まれている磁石がApple Watch上のコンパスに干渉することがあります。
Apple Watch Series 5のバンドを購入 – Apple(日本)

磁石が使われているバンドは「ミラネーゼループ」「モダンバックル」「レザーループ」の3種。
特に「ミラネーゼループ」は、AppleWatchの代表的なバンドの1つで、Apple純正のものはもちろん、サードパーティ製によるミラネーゼループ風のバンドも利用者が多いバンドだと思います。
サードパーティのミラネーゼ風バンドは、純正に比べて非常に磁力が強いものもあり、利用の際は「コンパスへの干渉度」を一度チェックしておいた方がよいかもしれません。

また、登山など、最初からコンパスの利用が予想される場面では、磁石を使っていない「スポーツバンド」「スポーツループ」「リンクブレスレット」や、「ナイキ」「エルメス」のバンドを使う方が安心かもしれません。

↓以下の記事内の動画では、コンパスのコンプリケーションの様子もチェックできます。リアルタイムで文字盤に方位が出るのは便利そうなので、干渉があまりきつくないといいんですが…。