AppleWatchの「トランシーバー」に盗聴の可能性が。アプリが一時的に使用停止へ

Appleは、AppleWatchの「トランシーバー」アプリにセキュリティ上の脆弱性が発見されたとして、アプリの利用を一時的に停止したことを発表しました。

この脆弱性により通話の「盗聴」が可能になってしまうとのことですが、現時点では不具合が専用のポータルで報告されたのみで、実際に悪用されたケースはないとのことです。
「トランシーバー」機能自体、正直なところあまり利用されている機能ではなく、「電話」「Facetimeオーディオ」で十分代替できる機能ではありますが、普段から「トランシーバー」アプリをよく利用されている場合は、現在利用できなくなってしまっているのでご注意ください。

以下、Appleの発表内容です。

Apple Watchのトランシーバーアプリに関連する脆弱性を先ほど告知し、早速そのフィックスに着手するとともにアプリを無効にした。その不便を顧客にお詫びし、できるだけ早急な回復を図りたい。この脆弱性の、顧客に害を与える使い方や、それを悪用するための特定の条件や事象の継起はないはずであるが、私たちは顧客のセキュリティとプライバシーをきわめて真剣に重視している。私たちの結論としては、アプリを無効にすることが正しい行為である。なぜならこのバグにより、べつの顧客のiPhoneを同意なく聴取できるからだ。この問題とご不便に関して、再度お詫び申し上げたい。

[ via 盗聴の恐れありでApple Watchのトランシーバー機能を一時停止へ | TechCrunch Japan ]