次期iPhoneはAppleWatchのワイヤレス充電が可能になるかも!?

今年の秋に発売が見込まれている次期iPhoneに、AppleWatchのワイヤレス充電機能が用意されるという可能性が報じられています。

また、次期iPhone自体のコネクタはUSB-CではなくLightning規格が継続。
ただし、同梱される充電ケーブルは「USB-C to Lightningケーブル」に変更され、電源アダプタも「USB-C電源アダプタ」に変更される可能性があるとのことです。

2019年秋発売の次期iPhone、ワイヤレス充電の送受信に対応

次期iPhoneでは、Qi規格の充電器に対応した「置くだけのワイヤレス充電」への対応はもちろん、iPhoneから他のデバイスをワイヤレス充電することも可能になるとのことです。
この機能は、Samsung(サムスン)のGalaxy S10シリーズに採用されている「Wireless PowerShare」という規格により実現。
Galaxyでは、同Samsung製のスマートウォッチ「Galaxy Watch Active」や、完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」のワイヤレス充電に対応していることから、Appleの場合も、「AppleWatch」。そして先日発表されたワイヤレス充電対応の新型「AirPods」の充電に対応すると思われます。

AppleWatchは1日で電源が無くなるということはほとんどないものの、一泊の旅行などでは流石に充電が心配。
これまでは、AppleWatchに対応したモバイルバッテリーや、AppleWatchの充電ケーブルの持ち歩きが必要でした。
それがiPhoneで充電できるようになると思うと、かなり画期的ですね!!

同梱されるのは「USB-C to Lightningケーブル」「USB-C電源アダプタ」

新型iPhoneの充電は、従来通りLightningとの予想。
iPad ProにはすでにUSB-Cが採用されていますが、Pro以外のiPad同様、Lightning規格はまだ現役続行という感じでしょうか。

ただし、同梱されるケーブルは「USB-C to Lightningケーブル」に。
電源アダプタも、iPad Proと同じ「18W USB-C電源アダプタ」に変更されるようです。

現在のiPhoneでは「5W USB-A電源アダプタ」が同梱されているので、充電スピードはかなり高速化されることが期待できますね!

[ via 2019 iPhone might charge Apple Watch wirelessly | Cult of Mac ]