Apple、watchOS 5.1.1を公開!”文鎮化”の問題で取り下げていた5.1の再リリース

AppleがAppleWatch向けの最新OSとなる「watchOS 5.1.1」を公開しました。
watchOS 5.1.1は先月末に公開するも、一部の端末でAppleのロゴ画面から動かなくなる不具合が発生したため一時的に公開を停止していた「watchOS 5.1」の再リリースとなります。

※watchOS 5.1へのアップデートで”文鎮化”してしまった場合は以下の記事もご参考に。

watchOS 5.1.1の修正内容は、watchOS 5.1と同様の内容となります。

  • Apple Watch Series 4で転倒が検出されてから約1分間動かなかった場合、自動的に緊急サービスへの連絡が行われます。また、応急手当にあたってくれる人に、Apple Watchで転倒が検出されたことと、可能な場合は位置座標を共有することを知らせるメッセージも再生されるようになりました。
  • 一部のユーザーで、”トランシーバー”Appのインストールが完了しない可能性がある問題を修正しました。
  • 一部のユーザーが”トランシーバ”で参加依頼を送信または受信できない問題を解決しました。
  • 一部のユーザの”アクティビティ”Appで、過去に獲得したアクティビティバッジの一部が”バッジ”タブに表示されない問題を解決しまいた。

アップデートプログラムの容量は42.4MB。
アップデートするにはAppleWatchが充電器に接続されており、Wi-Fiに接続されているiPhoneの通信圏内にあること。そして、AppleWatchが50%以上充電されているという条件を満たす必要があります。

watchOS 5.1では「カラー」文字盤の新しいスタイル「円形」「フルスクリーン」も利用できるようになっています。