AppleWatch Series4の心電図アプリ、日本でも利用できる可能性があることが判明!

AppleWatch Series4の注目の新機能で、年内に米国のみで利用が可能になるとされていた心電図(ECG)機能。
この心電図機能が、裏技的な使い方ではありますが、米国以外でも利用できる可能性があることがわかりました。

“医療機器”という扱いになるため、FDA(米国食品医薬品局)の承認を受けている米国のみで提供される予定の「心電図(ECG)機能」は、日本でも厚生労働省などの国内機関の認可が出るまでは利用できないと見られていました。
ただ、米メディア「9to5Mac」がiOSの内部を調査したところ、心電図機能を米国内でのみ利用できるように制御しているのが、地域判定による簡単なソフトウェア制御であることがわかりました。

これは、日本では利用できないApple純正のニュースアプリ(Apple News)などの制御にも使われている簡単なもので、「設定」アプリから「一般>言語と地域」を選択。
地域の項目で「アメリカ合衆国」を選択することで利用が可能になるようです。
(※心電図アプリはまだ米国内でも公開されていないので、今はまだ使えません)

「地域」と「言語」は別々に設定が可能なので、地域を「米国」に設定してもiPhone自体は日本語で利用することができます。
ただし、日時の表示書式やワークアウト系アプリの単位などが米国仕様になるという副作用もあるので、ご注意ください。

米国内で心電図アプリがリリースされるまでにこの仕様が変更になる可能性はもちろんありますが、今まで使えないと思われていた心電図機能が利用できる可能性が出てきたことで、AppleWatch Series4を購入した方にとっては嬉しいニュースなのではないでしょうか。
AppleWatchのヘルスケア機能を大きく進歩させる心電図を早く利用してみたいですね!

[ via Apple Watch ECG will be limited by system region settings, can be changed to enable use outside US – 9to5Mac ]