AppleWatch、トランプ政権の対中追加関税の影響を受けた値上げの可能性が…。

トランプ政権が提案する2,000億ドル規模の中国製品の輸入に対する追加関税について、Appleがパブリックコメントを提出しました。

Appleのコメントによると、追加関税による影響を受ける対象の筆頭はApple Watch。
他にも、AirPods、HomePod、Beatsのイヤホン各種、AirPort、Time Capsule、MacMini、Magic Mouse、Trackpad、Apple Pencil、アダプタやチャージャー、各種ケーブル、各種レザーカーバー・ケース、またMac等で使われている電子回路等の部品など多くの製品に影響があるようです。

これらの製品は追加関税の影響を受け、製品価格の値上げにつながる可能性があります。

ただし、売上の2/3を占めるiPhoneは影響を受ける製品には含まれていません。

[ via Regulations.gov – Comment ]

Appleはこのコメントにより、対中関税による影響により米国商品の価格上昇を招き、米国製品の競争力の低下が起こることを主張しています。
トランプ政権がこれらのコメントを受け実際に対中関税を実施するか止めるかの判断をすることになります。

“米中貿易戦争”ともよばれる現在の米中関係。
Appleユーザー、とくにAppleWatch愛好家としてSeries4も間違いなく購入するつもりの私としては、なるべく製品価格に影響が出ないことを祈るばかりです。。

[ via Apple Says Trump Tariffs Could Hit Apple Watch, Homepod, App Store – Variety ]