開発者向けのwatchOS 4.2 betaが公開!個人間送金の「Apple Pay Cash(アップル・ペイ・キャッシュ)」が登場

Apple pay cash watch

Appleが今年9月に発表した、個人間での送金機能「Apple Pay Cash(アップル・ペイ・キャッシュ)」が、開発者向けに公開された最新OS、「iOS 11.2 beta」と「watchOS 4.2 beta」に含まれていることが判明しました。
Appleは、今年の秋にアメリカ限定でApple Pay Cashのサービスをスタートすると発表していましたが、いよいよサービス開始間近という感じですね。

Apple Payの時もまずはアメリカ限定でサービスが開始し、徐々に世界に展開していきました。
Apple Pay Cashも同様に、今年年末から来年に渡って日本でも利用可能になることが期待されます。

Apple Pay Cash(アップル・ペイ・キャッシュ)とは?

Apple Pay Cashは、「メッセージ」アプリを使い送金を行う機能です。
送信側はApple Payに登録したクレジットカードから支払いを行い、受け取る側では「Wallet」アプリ内のApple Pay Cashカードに送金額が追加されます。

Send receive apple pay cash via messages ios 11 w1456 800x526

Apple Pay Cashカードにチャージされた金額は、そのままApple Payの支払いに使うこともできるし、自分の銀行口座に移動させることもできるようです。


Img 0450

日本ではすでに「LINE Pay」が個人間送金として利用が進んでいます。
まだまだ世間に広く定着しているサービスにまでは至っていないこともあり、Apple Pay Cashが日本でもサービス開始すれば一気にシェアを奪い、日本における個人間送金のスタンダードになる可能性は高いと思います。

ただ、個人間での送金は、非合法なお金のやりとりや、詐欺行為など”悪用”の可能性も高いため、日本で本格的にサービスを開始するには超えなければいけないハードルも多いのかもしれません。

iOS 11.2、wathOS 4.2は今月末から来月序盤には一般公開されると予想されていますが、その時点で日本でもApple Pay Cashが使える可能性はかなり低いとみられます。
まずは「Apple Pay Cash」がどんなものか、海外での事例をチェックして期待を高めたいと思います!

[ via Apple Pay Cash now available in beta on iOS 11.2 and watchOS 4.2 | 9to5Mac ]

[ via iOS 11.2 Public Beta Update Introduces Apple Pay Cash – Mac Rumors ]