メジャーリーグの「ボストン・レッドソックス」がAppleWatchを使ってサイン盗みをしていたことが発覚!?

AppleWatchが発売された当初、時計に向かって話しかける様子などから「スパイグッズみたい」と揶揄されることがありましたが、まさに”スパイグッズ”的にAppleWatchが悪用された事例が大きな話題になっています。

NewYorkTimesが伝えたところによると、AppleWatchが”悪用”されたのは、アメリカのメジャーリーグの試合中。
ボストン・レッドソックスが、対戦相手であるニューヨーク・ヤンキースのハンドサインを盗むためにAppleWatchを使っていたことが発覚したとのことです。

レッドソックスは現在アメリカンリーグの首位。対するヤンキースは2位。
ヤンキースはここ数試合でレッドソックスが「サイン盗み」を行っている疑いを持っていたため、今回犯行の現場を撮影することに成功し、証拠をリーグに提出したことで多いな騒動が起こっています。

今回レッドソックスが使った「サイン盗み」はかなりシンプルな方法で、キャッチャーがピッチャーに送るサイン(球種を指示するサイン)をレッドソックスの関係者がビデオ撮影。ビデオ担当者は映像からハンドサインを読み取り、ベンチにいるトレーナーに球種を伝えるSMSを送信。トレーナーがバッターに球種を伝えていたようです。
確かに、ベンチでスマホを見ているトレーナーがいるとかなり怪しいですが、AppleWatchであれば腕時計を見るだけなのでベンチでの行動としても自然。
シンプルですが、確かに怪しまれない「サイン盗み」の手口なのかもしれませんね。

野球の試合でのサイン盗みは決して珍しいことではなく、ベンチから見えたものを伝える程度であればグレーゾーンとして許容されることが多いようです。
ただ、今回のようにビデオや電子機器を使っての行為は許されておらず、リーグはレッドソックスに対し罰金を課すことで決着すると予想されています。

なお、AppleのCEOであるティム・クックはレッドソックスファンとして知られています。
「実はAppleWatchを使ったサイン盗みの方法をレッドソックスに教えたのはティム・クックでは?」という噂も流れているようですが…
信じるか信じないかは、あなた次第です…。

[ via Boston Red Sox Used Apple Watch to Illicitly Steal Hand Signals From Opposing Teams – Mac Rumors ]
[ via Red Sox Used Apple Watches to Help Steal Signs Against Yankees – The New York Times ]