WWDC2017で発表された新OS「watchOS 4」に関する情報まとめ

Wwdc2017
日本時間の2017年6月6日午前2時からスタートしたAppleの開発者向けイベントWWDCキーノート。
今年もまた様々なソフトウェア・ハードウェアが紹介されていますが、AppleWatch向けの新OS「watchOS 4」ももちろん大きく取り上げられています。

WWDC2017で発表されたwatchOS 4に関する情報をまとめておきます。

DBkuQbPXUAAAp4f jpg large
watchOS 4では新たにいくつかの文字盤が追加されます。

最大の目玉となる文字盤が「Siri」

Watchos4 07
スケジュールや天気、交通情報、ニュースなど必要な情報が必要なタイミングで表示される文字盤になるようです。
Androidでは似たような機能で「Google Now」という機能がありますが、あの機能が文字盤として提供されるイメージでしょう。
正直、”精度次第”な機能ではありますが、常に身につけているAppleWatchの文字盤に組み込むのに相性の良さそうな機能ではありますね!

Watchos4 08
「万華鏡の文字盤」では、自分で撮影したお気に入りの写真を元にアニメーションする万華鏡を作成してくれるようです。

Watchos4 09
続いては、ミッキー&ミニーに続く新たなディズニーコラボ文字盤として「トイ・ストーリー」が登場です。
ウッディー、バズ、ジェシーの3キャラの文字盤が追加されるようです。
ミッキー&ミニー同様に可愛くアニメーションしています。

Apple Watchで一番使われていると思われる「アクティビティ」「ワークアウト」にも新機能がいくつか追加されます。

アクティビティではテキストでのアドバイスが追加となります。これまでも目標達成時などに出ていた”通知”の形式で、よりパーソナライズドされたアドバイスとして表示されるようです。
Watchos4 01

また目標達成時のエフェクトがかなり豪華に!
確かにこれはちょっとテンション上がりそうです。
Watchos4

ワークアウトでは、まずワークアウトスタートまでの手順を効率化し、すぐにワークアウトをスタートできるように更新されています。
また、1つのセッションの中で複数のワークアウトを組み合わせて、切り替えを行えるようになります。
例えばジムなどでいくつかの運動を行う場合に、1つの「ジム」というセッションで結果をまとめられると、確かに嬉しいですね!
Watchos4 02

日本ではApple Watchを利用できるプールが少ないのであまり恩恵ないのが残念ですが「swimming-centric」というワークアウトにより、モーションセンサーによりプールの端に到達したことを検出し、ラップタイムを記録するモードが追加されるようです。
Watchos4 03

また、こちらも日本で採用されるかは不明ですが、Life Fitness、Cybex、Schwinn、Startrac、StairMasterといったジムと協業し、ジムのマシンとAppleWatchを連携し、より正確なワークアウトの記録を行う機能も提供していくようです。
特に室内の運動はApple Watchだけだと精度がどこまで正しいのか不安はありましたが、ジムのマシンと直接連携するとほぼ正確なデータを取得できることになるので、日本の大手ジムとも是非連携してもらいたいものです。
Watchos4 04

また、ワークアウト向けの「おやすみモード(Do Not Disturb)」が追加になり、ヨガなどのワークアウト中に通知などで邪魔されないように設定出来るようになります。

ミュージックアプリも画面が大きく変わり、さらに使いやすくなるようです。

Watchos4 06

アルバムのアートワークをより全面に出したデザインの変更もありますが、何より複数のプレイリストを同期できるようになるのがうれしいですね!
Watchos4 05

その他細かい変更点として、ApplePayを利用した個人間の送金機能が追加され、メッセージアプリを利用してお金の移動が出来るようになります。
また、受け取ったお金の管理場所として、「Apple Pay Cash」が利用できるようにもなります。
Watchos4 10

またiOSでも提供されている「ニュース(NEWS)」アプリにも対応するようです。

Apple Pay CashやNews機能は果たして日本でも採用されるのかはちょっと怪しいところではありますが…。

開発者向けには、UIの強化、さらにアプリの起動速度やレスポンスの向上や、バックグラウンドでの動作の強化、ブルートゥース機器との連携の強化などがアナウンスされています。
特にブルートゥース接続による外部機器との連携は、以前紹介した血糖値センサーとの接続なども視野に入れた強化になるようです。

個人的にはUIの強化のうち「フルスクリーンモード」への対応というのが気になります。
これまでサードパーティのwatchアプリはアプリ上部に必ずテキストが表示されるエリアが設けられていましたが、これがなくなることでよりデザイン性の高いアプリが増えるのではないかと期待が高まります!

watchOS4は開発者向けのベータ版が本日より公開になり、一般ユーザー向けは今秋リリースと発表されています。
例年通りでいけばおそらくリリースは9月になると思いますので、楽しみに待ちましょう!

また、当サイトApple Watch Journalでも、watchOS 4に関する新しい情報が分かり次第、随時記事にしていきたいと思います!