Apple、自社の健康促進活動にもAppleWatchを利用。社員限定でアクティビティリ達成の”リアル”アチーブメントを贈呈!

17495335 1900967940161084 2120646802548981760 n
[ Image Samuel Kong @ Instagram:「#closetheringschallenge #gold✨ #goldbadge #applewatch」 ]

Appleは、自社の従業員の健康促進活動にも、AppleWatchを使ったアクティビティの記録を積極的に利用しているようです。

一般ユーザー向けにも、期間限定の”アクティビティチャレンジ”を実施してきたApple。
日本でも今年のお正月に「謹賀新年チャレンジ」を実施し、”1月中のいずれかの週で月曜日から日曜日までを通して、毎日3つすべてのアクティビティゴールを達成”したユーザーに対し、限定の「成果(アチーブメント)」アイテムをプレゼントしました。

今回話題になっているアクティビティチャレンジはAppleの従業員限定のアクティビティチャレンジ。
達成者への「成果(アチーブメント)」も、一般向けのものよりもはるかに”限定度”の高いアイテムになったようです。

キャンペーンは「#CloseTheRings 」と題され、「ムーブ」「エクササイズ」「スタンド」の3つのアクティビティーリングを閉じる(目標を達成する)ことを目指すチャレンジ。
1カ月を通して、毎日3つのゴールを達成した従業員にはアクティビティーリングをデザインしたピンバッヂやTシャツが贈呈されています。
ピンバッヂはゴールの達成度に応じて、ゴールド、シルバー、ブロンズと3種類が用意されたようです。
一般ユーザー向けの「成果(アチーブメント)」も、画面上は金属製のメダルのようなデザインですが、従業員向けの限定チャレンジでは本物の金属製のバッヂで”リアル”アチーブメントが送られたというわけですね!

Tシャツには「Close The Rings Challenge 1.0」というテキストもプリントされており、今後も定期的に同様のチャレンジを実施し、従業員の健康意識を高めていく計画が想像できます。
CloseTheRingsに挑戦した従業員の方々は、TwitterやInstagramにその成果をアップしており、このチャレンジを楽しんだことも伝わってきます。

#closetheringschallenge #gold✨ #goldbadge #applewatch

A post shared by Samuel Kong (@samuelfwk) on

#closetherings @tfac_atl 🏋🏾 📸 @cekiffin #closetheringschallenge

A post shared by #TheSeratoAssassin (@kansascitycash) on

1 ring to rule them all! #closetheringschallenge #wellnesschallenge #gold #tshirt #goforthegold

A post shared by Sarone (@sizzles) on

一Appleファンとしてだけじゃなく、社会人として、こういうスマートな方法で社員の健康をサポートしてくれる会社という意味でも羨ましい今回のCloseTheRingsチャレンジ。
一般ユーザー向けの限定アクティビティは今のところ謹賀新年チャレンジが最後。
さらに日々のアクティビティが楽しくなるような仕掛けが、もっと頻繁に提供されると嬉しいですね!

[ via Apple Holds ‘Close the Rings’ Apple Watch Fitness Challenge for Employees – Mac Rumors ]
[ via Apple internally promoting Apple Watch Activity app w/ challenges, exclusive t-shirts & more | 9to5Mac ]