「watchOS 3.2」が正式リリース!画面をタップするまでディスプレイの点灯を防いでくれる”シアターモード”が追加に

C78c2FEU8AAMzDi

AppleWatch向けの最新ソフトウェアとなるwatchOS 3.2がリリースされました。

watchOS 3.2では”シアターモード”の追加とSiriKitへの対応を中心に、以下のような機能が追加されています。

・SiriはApp Storeで入手できるAppで動くようになり、ワークアウトの開始、メッセージの送信、支払いの実行、配車サ−ビスの予約などに対応
・“シアターモード”は消音モードをオンにし、手首を上げても明るくならず、画面をタップするまで暗くしたままにすることが可能
・“走り書き”がフランス語、スペイン語、イタリア語に対応
・ミュージックプレイリストの同期状況をiPhone上のApple Watch Appに表示することに対応

その他、セキュリティーアップデートも含まれています。

目玉となる”シアターモード”の詳細は以下の記事を参考にしてみてください!

watchOS 3.2のファイルサイズは225MB。
いつものとおり、アップデートを行うためにはApple Watchが以下の要件を満たしている必要があります。
・Wi-Fiに接続されたiPhoneの通信圏内にある
・50%以上充電されている

なお、watchOS 3.2へのアップデートを行うためには、母艦となるiPhoneのOSをiOS10.3へアップデートしておく必要があります。
iOS10.3のファイルサイズは614.6MBと、watchOS3.2と合わせると1GB近いファイルのダウンロードが必要になるので、Wi-Fi等の環境でのアップデートがおすすめです。

劇的な進化とまでは言えない今回のアップデートですが、映画館などで意図せずAppleWatchの画面が点灯して気まずい思いをしたことがある人は、watchOS3.2の新機能”シアターモード”を是非活用してみてはいかがでしょうか。