CES 2016で発表されたApple Watch向けアクセサリー・ガジェットのまとめ

1月6日よりラスベガスで開催されている世界最大規模の家電見本市CES(Consumer Electronics Show)。
今年も斬新な家電やガジェットが発表されています。

2015年を代表するガジェット「Apple Watch」もやはり大きな話題の一つ。
Apple自体はCESの出展は行っていないものの、サードパーティー製のアクセサリーやガジェットが多数発表され、話題をあつめています。

Griffinのキーホルダー型モバイルバッテリー

cagb9wgbgzmwkrqb7vrwufgqnhxpxkeqvldswcajv2g.jpeg
昨日からApple Watchファンの間で話題になっていたキーホルダー型のモバイルバッテリーです。
参考:キーホルダー型のApple Watch用モバイルバッテリー「Travel Power Bank」が便利そう!

充電ケーブルが不要で、Apple Watchを4回充電できるバッテリー容量を持っています。
予定販売価格は69.99ドル(約8,300円)で、販売時期は2016年の第2四半期。デザイン性も高いので人気がでそうなガジェットです。

GriffinのApple Watchバンド

screen-shot-2016-01-06-at-3-04-07-pm
同じくGriffinから2種類のAppleWatchの交換用バンドも発表されています。

「Trainer Watch Band」と呼ばれる防汗シリコン製のモデルは、予定販売価格は39.99ドル(約4,700円)。
黒・白・青・赤の4色展開で2016年第3四半期に発売予定です。

「Uptown Leather Band」は予定販売価格は59.99ドル(約7,000円)。
留め具の金属部分のカラーと合わせて、「トフィー×ゴールド」「黒×シルバー」「エクリュ×ローズゴールド」「シーフォーム×シルバー」の4色展開です。
エルメスコラボの「ドゥブルトゥール」バンドに似たデザインで高級感がありますね!

Kanexのモバイルバッテリー

dsc_2478
Appleの新型Macbookに搭載されたUSB-Cにいち早く対応し、Apple製品との親和性の高いアクセサリーを発表していることで有名な「Kanex 」からはApple Watch向けの充電ドックが発表されました。

このドックがあればApple Watchを7~10日間使え、Lightningケーブル経由でiPhoneなどのデバイスを充電することもできます。dsc_2475

Zaggの充電ステーション

screen-shot-2016-01-06-at-3-11-07-pm
ZaggもGriffinやKanexと同様にモバイルバッテリーを発表しています。

iPhoneとApple Watchを同時に充電できるモバイル充電ステーションとしてデザインされているのが最大の特徴。
本体上部からポップアップするApple Watchの充電ドックと、iPhoneを充電するためのLightningケーブルを持っています。

バッテリーの容量は5000mAh と大きく、3月に79.99ドル(約9,400円)で発売予定です。

BelkinのApple Watchスタンド

f8j191btwht_applewatch_dock1
Belkinは新しいApple Watchスタンドを発表しました。

Apple Watchスタンドの多くが、純正の充電ケーブルを使うのに対し、Belikinのスタンドは充電ケーブルや磁気部分がスタンドに組み込まれているため、洗練されたデザインとなっています。

販売価格は89ドル(約10,500円)ですでに販売が始まっている国もあるようです。
残念ながら日本のストアではまだ発売されていませんが、iPhoneと同時充電が可能な旧モデルのスタンドは取扱があるようです。
Valet™ Apple Watch + iPhone用充電ドック

HyperのApple Watchケース型充電器&バンド

Hyperからはビジネスシーンで活躍しそうな金属製バンド「HyperLink」と、ラグジュアリーなケース型の充電スタンド「Amber Charging Case for Apple Watch」が発表されています。

42silver-bg_grande
HyperLinkは69.95ドル(約8,200円)で販売。42mmと38mmでそれぞれ異なるデザインで2色4パターンで販売中です。
Apple純正のバンドと同じ316L ステンレス製なので、無印Apple Watchのシルバー・ブラックとそれぞれ相性がよさそうですね。

Amber_Open_Watch_in_grande

「Amber Charging Case for Apple Watch」は99.95ドル(約11,700円)で販売。
アルミニウム製でシルバー・スペースグレイ・ゴールド・ピンク(ローズゴールド)の4色展開で、これまたAppleWathの各モデルと相性の良いラインナップです。
3,800mAhのバッテリーがあるので、モバイルバッテリーとしても利用可能。USB経由で他のデバイスの充電も行えます。

それぞれ公式サイトで予約受付を開始しています。
HyperLink 316L Stainless Steel Band for Apple Watch (Classic)
Amber – Apple Watch Charging Case & USB Power Bank

ActionproofのApple Watch充電ドック

screen-shot-2016-01-06-at-6-03-18-pm
Actionproofからはシリコン製のカワイイ充電ドック「Bozon」が発表されました。
足の生えた愛嬌のあるデザインで、ケーブルは裏から通すため目立ちません。
海外のAmazon.comで販売が始まっており、販売価格は39.99ドル(役4,700円)です。
ActionproofTM Apple Watch Charging Dock

Zensのキューブ型モバイルバッテリー

screen-shot-2016-01-06-at-6-09-11-pm
Zensからはキューブ型のモバイルバッテリ「Charging Bank」が発表されました。

AppleWatchを4回充電できるモバイルバッテリーで、Appleの充電パッドではなく独自の充電技術を使っているのが特徴です。
発売予定は3月で、予定価格は70ドル(約8,200円)です。


バンド・充電ドック・スタンドといったApple Watch定番のアクセサリーが、かなり充実してきました。
CESは現地時間で1/9(土)まで続きます。
Apple Watchユーザーとして目が離せない時間がまだまだ続きそうですね!