[開発者向け]Facebook傘下のParse、Apple Watch向けのSDKを発表!

Parse-watchOS-tvOS-1

Facebook参加のParseが、Apple Watchの最新OS向け「watchOS 2」と、AppleTVの新OS[tvOS」に対応した新しいSDKを発表しました。
新しいSDKはどちらもGitHubで公開されています。

Parseは2年前にFacebookに買収されたBaaS(Backend as a Service:バックエンド機能をまとめて提供するサービス)を提供している企業です。
これまでも、Facebookへのログインやプッシュ通知など、アプリ開発におけるサーバーサイドの機能を簡単に実装できるSDKを提供しています。

ParseはすでにwatchOS1向けのSDKも提供していましたが、今回の新しいSDKを使うことで、watchOS2のスタンドアロンアプリが開発可能になります。
iPhoneとの接続が不要なため、ロードや動作の高速化が期待できます。

また、tvOS向けのSDKでは、実装がやや難解なローカルストレージ機能をシンプルに扱うことができます。さらに、AppleTVアプリでのFacebookログインを簡略化できる機能もあり、ソーシャル連携のあるアプリを作るのが容易になりそうです。

iPhone向けのアプリはすでにかなりのレッドオーシャンと化しており、個人のアプリで大ヒットを出すのはなかなか大変です。
しかし、Apple WatchやApple TV向けのアプリはまだ市場規模も小さく、キラーアプリも少ない比較的穏やかと言えます。
ただ、来年にはApple Watch 2の登場が噂されているなど、間違いなく拡大傾向にある市場でもあるので、一旗揚げたいアプリ開発者の方は是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか!

[ via Apple TV and Apple Watch SDKs are Here ]
[via Parse Releases Software Development Kits for Apple Watch, Apple TV | SocialTimes ]