Apple Watchがアップデート!新しい言語のサポートとバグ修正を含むwatchOS2.1がリリースされました

Wos2 1 01

本日、Apple Watchの最新ソフトウェアとなるwatchOS 2.1がリリースされました。

影響がありそうなアップデート内容は、「他社製Appが起動しない問題を修正」「他社製Appのアイコンが正しく表示されない問題を修正」あたりでしょうか。
私も何度か経験がある「アプリのインストールがうまくいかない」「アイコンがおかしい」「アプリが起動しない」などの問題が大きく改善するようです。
アプリのインストールを頻繁に行うユーザーには非常にありがたいアップデートです!

watchOS 2.1のアップデートの詳細は以下のとおりです。

・アラビア語、チェコ語、ギリシャ語、ヘブライ語、ハンガリー語、マレー語、ポルトガル語(ポルトガル)、ベトナム語のシステム言語サポートを追加
・右から左に読み書きする言語のユーザインターフェイスサポートを追加
・アラビア語でラテン数字とヒンディー数字の切り替え機能を追加
・イスラム暦とユダヤ暦の新しいコンプリケーションを追加
・アラビア語(サウジアラビア・アラブ首長国連邦)のSiri及び音声入力サポートを追加
・英語(マレーシア)、チェコ語、ギリシャ語、ヘブライ語、ハンガリー語、ポルトガル語(ポルトガル)、ベトナム語の音声入力サポートを追加
・カレンダーコンプリケーションでイベントがアップデートされない問題を修正
・省電力モードで時刻が表示されない問題を修正
・他社製Appが起動しな問題を修正
・他社製Appのアイコンが正しく表示されない問題を修正
・シスエム言語の変更時に動作が不安定になる問題を修正

ソフトウェアのサイズは57.1MB。
アップデートを行うためには、Apple Watchが以下の要件を満たしている必要がありますのでご注意ください。
・Wi-Fiに接続されたiPhoneの通信圏内にある
・充電器に接続されている
・50%以上充電されている
Wos2 1 02