watchOS2.0.1がリリース バッテリーのパフォーマンスなどが改善

本日、Apple Watchの最新ソフトウェアとなるwatchOS 2.0.1がリリースされました。

アップデートの内容は以下の通り

  • 絵文字の追加
  • パフォーマンスの改善
  • ソフトウェア・アップデートが停止することがある問題を修正
  • バッテリーのパフォーマンスに影響していた問題を修正
  • 管理対象のiPhoneで、iOSの“カレンダー”のイベントをApple Watchに同期できない問題を解決
  • 位置情報が適切にアップデートされないことがある問題に対処
  • Digital Touchで、電話番号ではなくメールアドレスから送信されることがある問題を修正
  • Live Photoを文字盤として使っているときに不安定になることがある問題に対処
  • Siriを使って心拍数を計測しているときに、センサーが無期限にオンになる問題を解決

watchOS 2のリリース時にユーザーを悩ませたアップデートが停止する不具合や、バッテリーのパフォーマンス改善など、気になる点が改善されています。
個人的には、心拍センサーがオフにならないことが度々起こっていたので、そこが改善するのは嬉しい限りです!

ソフトウェアのサイズは62.8MB。
アップデートを行うためには以下の要件を満たす必要がありますのでご注意ください。

  • Wi-Fiに接続されたiPhoneの通信圏内にある
  • 充電器に接続されている
  • 50%以上充電されている

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です