ついに搭載「Apple Watchを探す」!Apple Watchを紛失する前に一度チェックしておきましょう!

Watch search

ドックやコントロールセンター、新しい文字盤の追加が話題となったwatchOS 3ですが、実用面で忘れてはいけない新機能が「Apple Watchを探す」です。
これまでもApple Watch側からiPhoneを探す機能はありましたが、Apple Watchを探す方法はなかったので、これは本当にありがたい新機能!
Apple Watchは普段身につけているものなので紛失する機会はあまりないかもしれませんが、いざという時に焦らないように「Apple Watchを探す」のやり方を一度チェックしておきましょう。

「Apple Watchを探す」の使い方

まず、iPhoneのWatchアプリの「マイウォッチ」タブから、一番上の領域に表示される「ペアリング済みのApple Watch」を選択します。
IMG 1681

Apple Watchの情報が表示されるので、「i」マークをクリックします。
IMG 1682

「Apple Watchを探す」のメニューが表示されているので、クリックします。
IMG 1683

「iPhoneを探す」アプリが起動。マイデバイスに表示される対象のApple Watchをクリックします。
IMG 1684

地図上にApple Watchの位置情報が表示されるほか、バッテリー残量などもチェックすることができます。
IMG 1685
注意点としては、Apple WatchがWi-Fi接続できている必要があるということ。
Apple Watchは、iPhoneが一度でも接続済みのWi-Fiにのみしか接続することが出来ません。
つまり、一度でもiPhoneでWi-Fi接続したことがある場所意外では、Apple Watchの置き忘れ場所の詳細を確認することができないということです。

Apple Watchを家に忘れた場合の確認ができるというだけでも安心感は随分増しますが、他の場所でもApple Watchを外すことがあるという人は、”忘れる可能性がある場所”で一度iPhoneでのWi-Fi接続をしておくことをおすすめします!

なお、もちろんiPhoneとペアリングしている状態であれば、iPhoneの位置情報を通じてApple Watchの位置情報も更新されます。
iPhoneとペアリングが切れてしまった時点でリアルタイムの位置情報は更新されませんし、後述するアクションの実行はできませんが、最後にiPhoneとペアリングされていた位置は確認できるので安心してください。

「Apple Watchを探す」でできること:iPhoneからApple Watchでサウンドを再生

「Apple Watchを探す」で一番良く使う機能がおそらくこの「サウンド再生」。
Apple Watchの「iPhoneを探す」機能の逆で、iPhoneからApple Watch上でサウンド再生をすることができます。

手順としては、まず「Apple Watchを探す」画面から「アクション」をクリック。
IMG 1685 2

アクション画面から「サウンドを再生」をクリックします。
IMG 1686

「iPhoneを探す」と同じようにポ〜ンというサウンドがApple Watchから再生されます。
あまり大きな音ではありませんが、近場にあるApple Watchを探すには十分なボリュームだと思います。
なお、サウンド再生中はWatch上にもサウンド再生中の画面が表示され、「閉じる」を押すことで再生を止めることができます。
IMG 1690

※なお、「アクション」の画面でデバイス名の横に表示される「車アイコン」をクリックすると、Apple Watchの現在位置までのルート案内もしてくれます!

「紛失モード」と「Watchを消去」も実行可能!

アクション画面からは、「紛失モード」と「Watchを消去」も実行することができます。

「紛失モード」は、Apple Watchに一時的におロックをかけるモード。
基本的にApple Watchはパスコードをかけて使うことを推奨しますが、かけていなかった場合でもこのメニューからロックすることができます。
IMG 1687

一方「Watchを消去」のメニューでは、Apple Watchを完全に初期化します。
紛失したApple Watchを発見できず、不正利用などを防ぎたい場合など、かなり限定的な場面でしか使ってはいけない”最終手段”なので、使用の際はしっかりと確認のうえ選択してください。
IMG 1688

「紛失モード」「Watchを消去」ともに、いざという時にあると助かる機能ではあるんですが、やはりWi-Fi接続が必要なため、実用性としてはやや限定的な機能と言えそうです。


以上、watchOS 3で追加されたいざという時に役立つ機能「Apple Watchを探す」の解説でした。
Apple Watchを置き忘れた経験のある人や、Apple Watchの置き場所を忘れて慌てた経験がある人は、この新機能を役立ててみてはいかがでしょうか!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です