コンプリケーションに対応したシンプルな歩数計アプリ「Duffy」

Duffy

そろそろ気温もだいぶ暖かくなってきて、”運動”を始めようと思っている人も多いのではないでしょうか。

身近にできる運動として”ウォーキング”を生活の中に取り入れるのはお手軽な健康法。
ただ、せっかく歩くならしっかりと記録を残したいですよね。
iPhoneとAppleWatchがあれば歩数の記録自体は問題ありませんが、記録された歩数を確認するには多少なりとも操作が必要です。

IMG 3970
※AppleWatchで歩数を確認するには、「アクティビティ」アプリを起動して下にスクロールさせる必要があります。
AppleWatchで確認できるのは当日分の歩数のみで、過去の歩数はiPhoneの「アクティビティ」から確認する必要があります。

本日紹介するアプリ「Duffy」を使ってコンプリケーションに歩数を表示させておけば、時計を見るたびに否が応でも歩数を目にするので、より運動習慣を意識しやすくなりますよ!

Duffy

無料
(2017.03.04時点)
posted with ポチレバ

コンプリケーションに歩数を表示するアプリ「Duffy」の基本的な使い方

Duffyは、このアプリ自体で歩数を記録するのではなく、ヘルスケアの歩数データを取得し表示するアプリです。

以前紹介した歩数計アプリ「SilentLog」などは、歩数の他に位置データや道のりなども記録できる高機能なアプリでしたが、その分電池の消耗が増えるというデメリットもありました。
また、独自に歩数を計測すると、アプリの状態により精度にばらつきがでることがありますが、OSの機能として持っているヘルスケア上の歩数データであれば安定した計測ができます。

というわけで、Duffyをインストールしたら、まずはiPhoneアプリを起動してヘルスケアとの連携を許可しましょう。
IMG 3964
※歩数の読み込みだけなので、他アプリへの影響もなく利用できると思います。

ヘルスケアの連携が終われば、iPhone、AppleWatchともにアプリで歩数が確認できると思います。
IMG 3965

当日以外の過去1週間分のデータも一覧でチェックすることができます。
IMG 3965 2

iPhone、AppleWatchアプリ共に自動的に更新されていきますが、OSの制限があるためタイミングによってはデータが更新されていないこともあります。
すぐに最新の情報が見たい場合は「Refresh」ボタンを押すことで最新情報にアップデートすることができます。

コンプリケーションは、モジュールの特大サイズはもちろん、小サイズのコンプリケーションにも歩数を表示させることができます。
IMG 3974

小さいコンプリケーションだと「1.5k(=1500歩)」と桁がまるめられてしまうので、下1桁までの正確な数値が見たい場合はモジュールの特大サイズや、ユーティリティ、写真、ミッキーマウスなどの大サイズのコンプリケーションを利用しましょう。

1日1万歩はもう古い!?最近のトレンドは8000歩/20分がキーワード!

ウォーキングを生活の中に取り入れると言えば、昔から「1日10,000歩」と言われていますが、どうやら最近は「8,000歩」が最強の生活習慣というのが定説になっているようです。
さらに、その8000歩のうちの20分は”早歩き以上”の運動強度でウォーキングするとさらに良いとのこと。
若いうちはもう少し歩いても平気だとは思いますが、8000歩を超えた分は疲労の原因になりやすく、逆に免疫力を下げる結果になることもあるようです。

もちろん、こういう健康に関する情報は”諸説あり”の一つだと思いますが、普段まったく運動をしていないという人は、Duffyを使いながら、「毎日8000歩」を目指してみてはいかがでしょうか!

※「1日8000歩/20分」の運動習慣については、TV等でも話題になっているこちらの書籍が参考になります!


“コンプリケーションに歩数を表示したい”という1機能に特化したシンプルなアプリ「Duffy」。
コンバースのスニーカー風のアイコンがかわいい点もポイント高いアプリです!
春になり新たに運動を習慣にしようと思っている人は、まずは”歩数”を意識したウォーキングから始めてみてはいかがでしょうか!
(私は花粉症ということもあり本格的に外での運動を始めるのはもう少し先になりそうですが…。)

Duffy

無料
(2017.03.04時点)
posted with ポチレバ