無料の音楽聴き放題サービス「Spotify」が一般公開!Apple Watchの「再生中」アプリにも対応

Running 2
[ via Images | Spotify.com ]

世界最大の音楽配信サービス「Spotify」がついに日本でも一般公開を始めました。
登録楽曲数4000万曲以上、ユーザー1億人以上と世界最大の規模を誇るSpotifyですが、日本上陸は世界的にみてもかなり遅め。
しかもサービス開始の今年9月時点では「エントリー制」を取っており、サイトでユーザー登録したうえで招待されるのを待つ必要がありました。

そんな「Spotify」がついに一般向けに本格サービスを開始。
アプリから登録をすることですぐに使えるようになりました。
※Facebookアカウントがあれば、Spotifyで新たにアカウントを作成する必要すらありません!

Apple Musicとどちらが使いやすい?Spotifyの強みとは?

Apple Watchで音楽聞き放題サービスを使おうと思ったら、なんだかんだで「Apple Music」が一番便利であることは間違いありません。
OSレベルでのサービス連動があるため、例えばSiriで楽曲の再生をコントロールするなど、他のサービスでは味わえない体験ができます。
iTunes経由でプレイリストを作成し同期することで、Apple Watch単体での音楽再生ができるのもApple Musicだけです。

ただ、Spotifyの魅力はなんといっても、(機能の制限はあるものの)「無料」で聞き放題サービスが使えるという点です。
LINE MusicやAmazonのprime musicなど、Apple Musicより安価な聞き放題サービスはありますが、「無料」というのは凄い!!

Spotifyを無料で使う場合の制限とは?

Sptify free
[via Premiumにアップグレード – Spotify]

無料版Spotifyの最大の制限は、楽曲を「シャッフルモード」でしか聴けないという点です。
特定のトラックを聴けないというのは確かにちょっと残念…。
ただ、アーティスト単位やアルバム単位といった絞り込みはできるし、トラックのスキップはできるので、「無料」ということを考えればそんなに悪くないかもしれません。

また、無料版ではオフラインでの再生もできません。
Wi-Fi環境以外で聴く場合は通信量が発生してしまうのはもちろん、Apple Watch単体での再生も不可能です。

他にも、無料版では広告が掲載され、音質も有料版より低下したものになるようです。

無料版だと”ちょっと癖の強いサービス”といった印象になりますが、無料ということを考えればこれはこれで全然アリ!!

Apple Watchアプリはなし。でも、「再生中」アプリには対応しています!

Spotifyが提供するのはiPhoneアプリのみで、Apple Watchアプリの提供はありません。
ただしDockの「再生中」アプリは利用することができます。

IMG 2674

音量の調整や再生/一時停止、トラックの早送り/巻き戻しといった基本的な操作しかできず、音声操作もできませんが、イヤホンで音楽を聴いている場合のリモコン替わりに使えるので十分便利です。
※これで「再生中」のコンプリケーションがあれば最強なんですけどね…。

邦楽はどのくらい対応している?Spotifyの配信状況は?

IMG 2673
世界最大を謳うSpotifyなので、洋楽の配信曲は非常に多く、Apple MusicやGoogle Play Musicで聴ける楽曲は基本的にSpotifyでも聴けるようです。
一方、やはり日本でのサービス開始直後ということもあり、邦楽はかなり弱めな印象です。
Apple Musicもサービス開始当初は邦楽の対応の少なさが話題になりましたが、Spotifyもやはり同様。
邦楽に強い「LINE Music」や「AWA」はもちろん、最近の「Apple Music」や「Google Play Music」と比べてもはるかに配信数が少なめです。

ただ、Apple Musicでもサービス開始当初は少なかった邦楽がどんどん増えていることを考えると、Spotifyもサービス開始を機に楽曲が増えていく可能性は高いと思います。

また、意外にも他のサービスには楽曲を提供していない「ONE OK ROCK」がSpotifyで聴けるのがビックリ!やはり海外での活動が目立つバンドだけに、Spotifyに配信にも力を入れているのでしょうか。

IMG 2678

「Apple Music」vs「Spotify」、結論は…

”無料”ということを考えれば超魅力的なSpotify。
今、別の音楽サービスに登録しておらず、シャッフルモードやオフライン再生の制限が気にならないのであれば、絶対に使って損はないサービスです。
ざっくりBGM的に音楽を流したいたい場合にもオススメです。

ただ、有料プランにアップグレードすることを考えているのであれば、Apple Watchユーザーにとっては、やはりApple Musicの方が満足度の高いサービスになると思います。
Siriを使ったコントロールや、ワークアウト中にもApple Watch単体で楽曲が聴けるのはやはりApple Musicの強み。
限定的な「再生中」アプリでしかコントロールできないSpotifyに比べ、「ミュージック」アプリで再生ができるApple Musicはより自由に音楽を楽しめます。

というわけで、無料で使いたいならSpotify、有料プランにするならApple Musicで決まり!と言いたいところですが、Apple Watch単体ではなくiPhoneも持ってランニングをしている人であれば、Spotifyの有料プランにはあるおもしろい機能が。

スクリーンショット 2016 11 11 23 42 23
iPhoneで使える「Spotify Running」という機能を使うと、ランニングのペースに合わせた楽曲を再生してくれるんです。
確かに音楽を聞きながら走る時って、再生される音楽のテンポと走るペースが合わないとちょっと気持ち悪いですよね。
これはなかなか楽しそうな機能です。

Apple Watch単体の身軽さは捨てがたいものの、自動でテンポを合わせてくれるプレイリストは、ランニング好きにはかなり魅力的なのではないでしょうか。

というわけで、結論!
無料で使えるSpotifyは間違いなく使うべき!でも有料版にアップグレードするならApple Musicの方が使い勝手が良い!ただし、Spotify Runningに魅力を感じるランナーは有料版のSpotify Premiumがオススメです!

ちなみに私は、やっぱりApple Musicメイン。
でも、Apple Musicにはない視点のプレイリストもあったりして面白いので、一応無料版のままでSpotifyも使い続けようと思います!