歩いた分だけゲームが進む!Apple Watch連動型の”なめこ”系放置ゲーム「キャンディアニマル(CandyAnimal)」が楽しい!

Candyanimals

「歩いた分だけゲームも進む!」
Apple Watchを使ったエクササイズ機能と”なめこ”系の放置ゲームが融合したアプリ「キャンディアニマル」がApp Storeで公開されました。
ちょっと”アク”の強いキャラクターで好き嫌いは分かれそうですが、「Apple Watchをエクササイズ目的で購入したものの、いまいち運動のモチベーションが上がらない!」という人は、是非このゲームアプリを試してみてください!

「キャンディアニマル」、基本的な遊び方は”なめこ”です。

ゲームの基本となるシステムは、典型的な放置系ゲーム。
なめこ栽培キット」などを遊んだことがある人にとっては、おなじみのゲームシステムです。

画面の中央に”シュガー”を設置して放置しておくと、キャンディアニマルたちが集まってきます。
IMG 0723

集まったキャンディアニマルをタップすると「キャンディ」として収集することができます。
集めたキャンディアニマルは図鑑に登録されるので、図鑑のコンプリートを目指して”放置”を続けましょう。
IMG 0693

また、キャンディアニマルを収集する際に「アニマルポイント」もゲットすることができます。
アニマルポイントを使うと、「ステージ」を購入することができ、レア度の高いステージではよりレア度の高いキャンディアニマルを集めることができます。
IMG 0692

歩く→コインが集まる→シュガーを買う。Apple Watchとの連動機能は?

設置する「シュガー」はコインを使って購入します。
0コインのシュガーもありますが、短時間でキャンディアニマルを集めたい場合や、逆に長時間をかけてゆっくりと集めたい場合は、コインを使って特別なシュガーを買うことができます。
IMG 0698

長時間用のシュガーは、例えば”寝る前”などに使用します。
1時間で食いつくされてしまう0コインのシュガーだと、長時間放置した際にキャンディアニマルが溶けてしまいポイントも半減してしまいます。
効率的に攻略するためには、”コインを使って購入するシュガー”の使い方がポイントになってきます。
IMG 0717

そして、その「コイン」を集める方法が、「Apple Watchをつけて実際に歩くこと」なのがこのゲームの最大の特徴です。
IMG 0689

ちなみに、毎日の歩数だけではなく、歩行距離や消費カロリーもチェック可能。週間や月間での分析もできるので、歩数計アプリとしても十分に実用的ですよ。
IMG 0724

Apple Watchの画面ではどんなことができるの?

Apple Watchでできることは、まずは現在の歩数の確認です。
当日の歩数をシンプルに確認することができます。
IMG 0714

また、シュガーの設置もApple Watchから行うことができます。
シュガーの時間が切れた際には通知が届くので、サクッと新しいシュガーの設置が可能です。
ただし、キャンディーの収集はiPhoneからしか出来ないのでご注意ください。
IMG 0708

また、Apple Watchのメイン画面に設定するキャンディアニマルを選ぶこともできます。
選べるのはコレクション済のアニマルだけですが、リストからアニマルを選択して「メイン画面に設定する」を選ぶことで、メイン画面のキャラクターを切り替えることができます。
IMG 0709


というわけで、Apple Watchを使ったエクササイズとなめこ系の放置ゲームを見事に融合させたありそうでなかったゲーム「キャンディアニマル(CandyAnimal)」。
ウォーキングの習慣がなかなか続かないという人は、このゲームでウォーキングを楽しんで続けるのはいかがでしょうか!?

IMG 0706

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です