Appleの往年の名機「Macintosh 128K」がApple Watchの充電スタンドに!?

71fUlb96shL SL1488

昔からのAppleファンなら間違いなく物欲を刺激されてしまうAppleWatchスタンドが発売されました。
iPhoneケースなどのデザイン・販売で知られる「Elago」から発表されたAppleWatchスタンド「W3 Stand」は、Appleが1984年に発売した初のパーソナルコンピューター「Macintosh 128K」風のデザインが特徴。
現在のデスクトップPCであるiMacに通じる「Mac」ブランドの初代機で、現在のApple製品とも共通するシンプルな美しさが人気の往年の名機です。

300px Macintosh 128k transparency
[ Image: Macintosh 128K – Wikipedia ]

「W3 Stand」はApple公式の製品ではないので、当時のレインボーカラーのAppleロゴこそありませんが、フロッピーディスク用のスロットを含めて、Macintosh 128kの形状を忠実に再現しています。
AppleWatchを横置きすることでナイトスタンドモードの黒/緑の表示がレトロなデザインとよくマッチしていますね。
71fOhGau6tL SL1240

スタンドの本体はシリコン製。38mm、42mmの両サイズに対応しており、厚みの違うSeries1, Series2のどちらにも対応しています。
71NRbNzqSPL SL1488

充電器本体は同根されていないので、お持ちの受電ケーブルを装着して使用します。
61eT4IF27dL SL1240

なお、カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色で展開していますが、Macintosh 128kを再現するにはもちろんホワイトを選びましょう!

置くだけのスタンドではなく、隙間にしっかりとはめ込む必要があるので、使い勝手はやや悪いかもしれませんが、それを補って余りあるこのデザイン!
昔からのAppleファンや、少しレトロなApple製品が好きな人には絶対にオススメのスタンドです!
8126kntj2XL SL1488

日本のAmazonでも取り扱いが始まっており、現在の販売価格は1,990円となっています。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です