2016年Apple Watchユーザーに人気だったApple Watchのアクセサリ総まとめ

Charging wallet

いよいよ今日は大晦日。2016年も終わりを迎えます。

2016年は第2世代のApple Watch Series2の発売やApplePayのサービス開始など、AppleWatchにとっても躍進の年でした。
Apple Watch向けのアクセサリ市場も合わせて成長し、様々なアクセサリーが発売されました。
今回は、そんなAppleWatch向けのアクセサリのうち、実際にApple Watchユーザーに評判だったAppleWatch向けアクセサリをまとめて見たいと思います。

当サイトで圧倒的に人気!充電器の持ち歩きの必需品「Charging Wallet」

年間を通して圧倒的に一番人気だったアクセサリが「Charging Wallet」でした。

「Charging Wallet」はシリコン製の”ケーブル巻”なんですが、AppleWatchに特化した形状のため非常に使い心地が良いアクセサリです。
Apple Watchは通常の使い方をしていれば1日以上は十分にバッテリーが持つんですが、出張や旅行などで数日連続で使用する機会が多い人は、モバイルバッテリーと合わせて一つ持っておくとかなり役に立つと思います。

交換用のバンド各種、ミラネーゼループやNIKE+などのコピー製品が人気

AppleWatchのアクセサリとして人気なのはやはり交換用のバンド。
特にミラネーゼループなどのAppleオリジナルの純正バンドをコピーした安価なバンドが人気でした。

当サイトユーザーに一番人気だったのはミラネーゼループ風のバンド。
当サイトで紹介したバンドはシルバーでしたが、ゴールドやローズゴールド、Editionのセラミックにも合わせやすいブラックのバンドの方が人気は高いようです。

今年新たに発表されたコラボレーションモデル「Apple Watch Nike+」専用のバンドをモデルにしたスポーツバンドも人気でした。
「Nike+」のバンドは単体で販売していないので、オリジナルのNike+を購入した人が色違いの交換バンドとして購入する人もいるようです。
人気のカラーは「ブラック/ボルト」。やはりNike+のテーマカラーであるボルトは人気ですね。

ビジネスシーンにも使えそうなステンレス製のバンド。
こちらはApple純正のリンクブレスレットを踏襲したデザインではなく、オリジナルのデザインです。
ミラネーゼと同様に、こちらもブラックが人気でした。

充電用のスタンド、ナイトスタンドモードに特化した超シンプルなスタンドが人気

こちらも「Charging Wallet」と同じくらい人気だったシンプルなAppleWatchスタンド。
Apple Watchの充電器はちょっとしたはずみで外れてしまうことがあるので、充電場所をきっちりと決めるのにスタンドを使うと便利です。

Spigenのロゴが気になる人には、よりシンプルで安いなこちらも人気です。

さらにコンパクトなスタンドがこちら。スタンド単体のデザインはちょっともっさりに見えますが、充電時にスタンドの存在が目立たないのは魅力です。

Apple Watchをインテリア的に飾りたい場合に使えるスタンドも人気です。
watchOS2で採用された「ナイトスタンドモード」には対応できないものの、依然として人気のスタンドです。

iPhoneと同時に充電できるドック型のクレイドルも人気。
iMacなどとも親和性の高いデザインで、デスクの上に置くのにピッタリのスタンドです。

Apple Watchに特化した充電チャージャー

汎用的なモバイルバッテリーと「Charging Wallet」を使うのも便利ですが、AppleWatchの充電チャージャーも備えたモバイルバッテリーも登場してきました。
私はまだ使ったことはないんですが、荷物が少なくなるのはちょっと気になりますよね。

▲現在人気のため品薄で1〜2ヶ月ほど待ちがあるようです。

賛否はあるけど人気はある。AppleWatch用の保護ケース&フィルム

AppleWatchにケースや保護フィルムをつけるかどうかは賛否が分かれますが、初代発売当時から変わらず高人気です。
私個人としてはAppleWatchはケースやフィルムをつけたくない派だったんですが、バンド以上に印象を大きく変えるケースをうまく使いこなすのも楽しそうですね。
※保護ケースをつけっぱなしにすることで逆にWatch本体に傷が入ったり、表面の塗装が変質したりすることもあるようなのでご注意ください。


以上、2016年に人気だったAppleWatchアクセサリの総まとめでした。
Apple Watch Jounralでは、2017年も引き続き本当に使える便利なアクセサリの紹介に努めたいと思いますので、来年もよろしくお願いいたします!