Apple Payだけじゃない!watchOS 3.1にアップデートするとApple Watchのバッテリー持ちが大幅に改善する!?

applewatch_battery

今月25日にリリースされたwatchOS 3.1。
アップデートの目玉は何と言ってもApple Payの対応で、「Apple WatchでSuicaを使ってみたい!」と思っていた人はすでにアップデート済みなのではないかと思います。

ただ、「SuicaはiPhone7で利用する」という方や、「そもそもApple Pay自体を使うつもりがない」という方であれば、まだアップデートしていないという人もいると思います。
でも、watchOS 3.1のメリットはApple Payだけじゃないんです!
なんと、watchOS 3.1にアップデートすることで、Apple Watchのバッテリーの持ちが格段に改善することが多数のユーザーから報告されています。
私も実際にバッテリーの改善を実感していて、主観的で感覚的ではありますが、体感で1.5倍くらいはバッテリーが持つようになっていると感じています。
ワークアウトなどを長時間行うと、さすがにそれなりにバッテリーを消化しますが、通知の受け取りやApple Payの利用、ちょっとしたアプリの起動くらいの使い方なら、丸二日間の連続利用も心配ないレベルに改善していますよ!

なぜ、こんなにもバッテリーの持ちが良くなっているかといえば、おそらく今回のリリースノートにあったこの項目。

・Apple Watch Series 2が完全に充電できない問題を修正

[ via ついにApple Payが解禁!! Apple Watch向けの最新OS「watchOS 3.1」がリリースされました | Apple Watch Journal ]

うーん、バッテリーの持ちが良くなったというより、今までApple Watchがちゃんと充電されていなかったということのようですね…。
嬉しいんだけど、なんかちょっとモヤっとするアップデート内容です…。
また、”Apple Watch Series 2が”と明記されていることから、Series 1や第1世代のApple Watchには影響のないアップデートのようです。

というわけで、Apple Watch Series 2を使っていてまだwatchOS 3.1にアップデートしていないのであれば、Apple Payは使わないにしてもアップデートしておくと使い勝手が大幅にアップしますよ!

以下、実際にApple Watchのバッテリーが改善したと感じたユーザーの声: