AppleWatchでメールを返信した時の「Apple Watchから送信」の署名があまりにも評判が悪いので変更してみた

スクリーンショット 2015 10 23 23 53 02

AppleWatchの新OS「watchOS 2」で追加された新機能の一つに、メールアプリでの返信機能があります。
OS 1ではメッセージアプリでしか使えなかった「音声入力」「定型文」「絵文字」での返信が、メールアプリでも行えるようになりました。

これがなかなか便利なので、最近はサクッとAppleWatchでメールを返すことも増えてきたんですが、これがやたら評判が悪い。。。

というのも、AppleWatchから返信したメールには、本文の最後に「Apple Watchから送信」という署名が入ってしまうんです。
これが、なんともウザいらしいんですよ…。

IMG 8892
そう言われてみると、確かに…。

iPhoneが普及し始めた時も、メールの最後に「iPhoneから送信」の署名が入ることを嫌がる人が多く、「何アピールだよ!」と突っ込まれることがありました。
ただ、今回の「Apple Watchから送信」はアレの数倍ウザいとのこと…。

これはちょっと変更しておこうと思います。

Apple Watchからメール返信する場合の「署名」の変更方法

変更方法は至って簡単。
iPhoneの「Watch」アプリから「メール」を選択。
署名欄をタップすると、キーボードから自由に文字を入力することができます。
IMG 8898 2

というわけで、非常に単純なことながらも、AppleWatchを使って嫌われずに生きていくにはやっておいたほうがよさそうな豆知識でした。

「iPhoneから送信」の署名が今では当たり前になったように、もうしばらくするときっと「Apple Watchから送信」の署名も、見慣れた文字に変わるはず。
その日までは、AppleWatchユーザーはガマンですね。