【Apple Watchでできること】まとめ

Apple、watchOS 6.2.1をリリース!FaceTimeの不具合修正

Appleが、Apple Watch向けの最新OSのとなるwatchOS 6.2.1をリリースしました。
watchOS 6.2.1のリリース内容は以下のとおりです。

watchOS 6.2.1のアップデート内容

iOS 9.3.6以前またはOS X El Capitan 10.11.6以前を搭載したデバイスとの FaceTimeオーディオ通話にwatchOS 6.2を搭載したデバイスから参加できない問題を修正

同様の不具合はiOSでも発生していたようで、iOSも最新版となるiOS 13.4.1がリリースされています。
対象の不具合に困っていた方は、iOS、watchOSともにアップデートしておきましょう!

iOS 13.4.1ではFaceTimeの不具合に加え、ホーム画面での不具合修正も。

アップデートするにはAppleWatchが充電器に接続されており、Wi-Fiに接続されているiPhoneの通信圏内にあること。そして、AppleWatchが50%以上充電されているという条件を満たす必要があります。

また、watchOS 6以降、AppleWatch単体でもソフトウェア・アップデートが可能になりました。
AppleWatchがWi-Fiに接続されていることを確認のうえ、「設定」アプリから「一般」→「ソフトウェア・アップデート」の順にタップしてインストールを行いましょう。
単体でのアップデートの場合も、AppleWatchが充電器に接続されている必要があるため、アップデートが完了するまで充電器に載せたままにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です