watchOS 6.1が公開!AirPods Proのサポートや、Series1・2のwatchOS 6対応を提供

本日、AppleがApple Watch向けの最新OSとなる「watchOS 6.1」を公開しました。

watchOS 6.1では、発表されたばかりの新型AirPods、「AirPods Pro」のサポートが提供されます。
AirPods Proを購入予定の方は、忘れずアップデートしておきましょう!

また、AppleWatch Series1、Series2へのwatchOS 6の提供が含まれます。
Series1、Series2には、まだwatchOS 6が提供されていなかったため、待望していた方も多いのではないでしょうか!

アップデートするにはAppleWatchが充電器に接続されており、Wi-Fiに接続されているiPhoneの通信圏内にあること。そして、AppleWatchが50%以上充電されているという条件を満たす必要があります。

また、watchOS 6以降、AppleWatch単体でもソフトウェア・アップデートが可能になりました。
AppleWatchがWi-Fiに接続されていることを確認のうえ、「設定」アプリから「一般」→「ソフトウェア・アップデート」の順にタップしてインストールを行いましょう。
単体でのアップデートの場合も、AppleWatchが充電器に接続されている必要があるため、アップデートが完了するまで充電器に載せたままにしましょう!