Apple、4月22日に限定チャレンジ「アースデイチャレンジ」を開催!

AppleWatchユーザー向けに展開しているアクティビティアプリの「限定チャレンジ」。
2017年、2018年と開催されている「アースデイチャレンジ」が、今年も開催されるようです。

地球環境について考える日として世界的に様々な活動が行われる毎年4月22日のアースデイ。
限定チャレンジに挑戦しながら、少しだけ地球のことや環境のことを考えてみましょう!

👉アースデイ東京/Earth Day Tokyo | アースデイ東京は毎年4月22日の地球のことを考えて行動する日『アースデイ』を祝して地球市民フェスティバルを開催しています。

チャレンジの達成条件は「30分のワークアウト」

2019年のアースデイチャレンジは、まだ正式にAppleから発表されているわけではありませんが、エンジニアのカイル・セス・グレイさんが発見したようです。

アクティビティの達成条件は例年通り

「ワークアウトAppまたは“ヘルスケア”にワークアウトの結果を記録できる他社のAppで、ウォーキング、ランニング、サイクリング、車椅子、またはスイミングのワークアウトを30分以上おこなう」

になりそうですね。

今回も、チャレンジ達成で、アクティビティアプリの「成果」に追加されるバッジと「メッセージ」アプリ用の限定ステッカーがプレゼントされます。
キリンがモチーフになったステッカーが可愛げで他にどんなステッカーが追加されるのか楽しみですね!

アースデイチャレンジは、限定チャレンジの中でも達成条件のハードルが低く達成しやすいチャレンジ。
4月22日は是非30分の運動にチャレンジしましょう!

<追記>

[ via Apple Watch Earth Day Activity Challenge returns – 9to5Mac ]