第2世代のApple Watchは2016年3月に発表か

Apple watch flat template

先日のWWDCにて、今年秋公開のApple Watchの新OS「WatchOS 2」が発表されましたが、はやくも第2世代Apple Watchについての噂が聞こえ始めました。

韓国の「MK News」では、第2世代のApple Watchは2016年中に発表されると報告されています。
大きな特徴として、韓国の電子機器メーカーLGがディスプレイを独占提供することが挙げられています。
これまでApple製品は複数のサプライヤーから提供された部品を使っていましたが、第1世代Apple Watchでの評価を受け、今回はLGの独占提供となるようです。

採用されるのはP-OLED(プラスチック有機LED)と呼ばれるディスプレイで、ガラス製のディスプレイに比べて柔軟で変形に強い特徴があります。
Apple Watch 2は表面がアーチ状になるなど、P-OLEDの特性を活かした形状になるのかもしれません。

中国メディアWeiPhoneでは、Apple Watch 2の発表は2016年の3月頃と、より具体的な日程が報告されています。
毎年9月頃に新型iPhoneが発表されるため、時期をずらした3月頃に発表し話題を集めるのが狙いのようです。
iPhoneと同じく1年に1回の更新がApple Watchでも行われると考察されているようです。

Apple Watch Editionのような超高級モデルを1年ごとに買い換えるのは現実的ではないので、第1世代のケースを利用できるような販売形態が用意されるのかもしれませんね。

第1世代Apple Watchへの不満は、新OSでほとんど払拭されますが、ソフトウェアの更新で解決できない唯一の問題が「電池の持ち」。
第2世代ではどこまで電池の持ちを伸ばせるかが注目になりそうです。

[ via Apple Watch 2 coming in 2016 – reports | SciTech | GMA News Online ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です