【Apple Watchでできること】まとめ

開発者もユーザーも要チェック!Apple Watchを大幅に進化させるiOS9の情報が発表されるWWDCを見逃すな!!

Wwdc2015

Appleの副社長であるJeff Williams氏がカリフォルニア州ロサンゼルス郊外で開催中の「Code Conference」にて、iOS9へのアップデートに合わせてApple Watchのネイティブアプリ開発キット(SDK)を公開予定であることを明らかにしました。

現在の大幅に機能を制限されたSDKとは違い、新しいSDKではApple Watchに搭載されている各種センサーや、デジタルクラウンへ直接アクセスできるようになります。
Apple Watchには「心拍センサー」「加速度センサー」が搭載されています。このセンサーの機能を使ったアプリが自由に作れるとなると、ますますヘルスケア系アプリが充実しそう!
また、iPhoneの初期のように、加速度センサーを使ったジョーク系のアプリでも楽しめそうですね。

また、”ネイティブアプリ”ということは、Apple Watch単体で動くアプリが増えるということ。
現在のアプリ起動時の読み込み時間がなくなり、使い勝手はかなり向上するのではないでしょうか。

詳しい情報は6月8日の「WWDC」のキーノートで発表されるようで、実際にApple Watch上でネイティブアプリが動く様子も見れるようです。

WWDCの詳しいスケジュールは、Appleが公開している「WWDCアプリ」で詳しく見ることができます。
いち早く情報をゲットしたい人は、インストールしておいてください!もちろん、Apple Watchにも対応済みですよ!

WWDC

無料
(2015.05.29時点)
posted with ポチレバ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です