[watchOS 3の新文字盤]今度のミッキーは喋る!? ミッキーマウス&ミニーマウス

img_1588

本日、ついに配信開始になったApple Watch向けの最新OS「watchOS 3」。
OSバージョン1→2への変更時以上に様々な改良が加わっていますが、操作性や新機能よりも、まずは”見た目”から新バージョンを楽しみたいですよね!
というわけで、見た目ですぐに”新OS”を堪能できる、文字盤の変更点をまとめてみましょう!

今度のミッキー&ミニーは喋る!「ミッキーマウス/ミニーマウス」

前バージョンではミッキーだけだったディズニー公式の文字盤に、新たにミニーマウスが加わりました。
しかも、なんと今回のミッキー&ミニーは、音声で時刻を読み上げてくれる機能付き。ミッキーとミニーの声はもちろんお馴染みのあの声ですよ!

音声はミッキー、またはミニーをタップすると再生されます。
なお、AppleWatchが消音モードの時は再生されません。また、言語設定が日本語意外のときにも再生されないので注意してください。
また、音声が出るのがウザい!という場合は、iPhoneのWatchアプリから「タップして時刻を読み上げる」をオフにすることで、音声の再生を止めることができます。

ちなみに、今回のミッキー・ミニーはキャラクターの衣装の色をカスタマイズできます。
ミッキー、ミニーともに、標準の「赤」とモノクロバージョンの「クラシック」が選べる他、ミニーマウスは「オレンジ」「アプリコット」「ライトオレンジ」「イエロー」「グリーン」「ミント」「ターコイズ」「ライトブルー」「青」「ロイヤルブルー」「ライラック」「ミッドナイトブルー」「オーシャンブルー」「パープル」「ラベンダー」「ピンクサンド」「ライトピンク」「ピンク」「ビンテージローズ」「ウォルナット」「ストーン」「アンティークホワイト」「ココア」と、実に25種類から選択することができます。
青バージョンのミニーマウスは公式でも登場する衣装だったりするので、ミニーファンには満足度の高いバージョンアップではないでしょうか!

設定可能なコンプリケーションの大きさや数は、OS 2以前の「ミッキーマウス」文字盤と同様の3箇所となっています。

このペースで、watchOS 4にはぜひドナルドダックの追加も期待したいところですね!!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です