【Apple Watchでできること】まとめ

Apple Watchのバンドの互換性問題!44mm用と42mm用、40mm用と38mm用のバンドに違いはあるの?

AppleWatch Series5、Series 4では、前世代のSeries3まで採用されていた本体サイズ「38mm | 42mm」が「40mm | 44mm」にそれぞれサイズアップして展開しています。
38mmと40mm、42mmと44mmにはそれぞれバンドのサイズに互換性があり、旧世代向けに購入していたバンドは新世代でも利用できることがAppleからアナウンスされていました。

とはいえ、それぞれサイズの差は2mm。
互換性があるとはいえまったく違和感なく装着できるのか気になる人は多いと思います。

というわけで、早速42mmのバンドと44mmのバンドを比べてみました!

結論から言うと、44mmのバンドと42mmのバンドのサイズはまったく同じ!
Series4では本体のサイズが2mm大きくなっているのは間違いありませんが、本体の形状が中央部分が膨らんだ丸みのある形状で、バンドとの接合部分は旧世代と同じサイズになっているようです。

44mm用のスポーツバンドと42mm用のスポーツバンドを比べてみた

一応、条件を揃えるために、初代、Series2で本体とセットになっていた42mm向けのスポーツバンドと、Series4の本体セット品の44mmバンドを比べてみました。

44mmのブラックと、42mmのホワイトで比較。ホワイトのバンドが少し黄ばんでいるように見えますが…実際に黄ばんでます。。。3年半経った白スポーツバンドの宿命です。。。
バンド部分の横幅は全く同じ。曲線部分の形状も全く同じです。
44mmのブラックと、42mmのブラウンでも比較。バンドの下部も同じサイズです。
横幅、厚みともに全く同じサイズです。
バンドのサイズが同じなので当たり前ですが、Series4の本体に42mmのバンドを付けてもピッタリ!
サイズ・形状が同じなので、サードパーティのバンドももちろんピッタリ!Casetifyのピンクゴールドミラネーゼもジャストフィットします。

というわけで、バンドの互換性が心配だった方はまったく気にせずSeries 5やSeries 4へ乗り換えちゃってOKだと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です