第2世代のAirPodsが2019年前半に登場!ヘルスモニタリング機能が搭載されるらしい


台湾のIT系情報メディアである「DIGITIMES」が、第2世代AirPodsの発売時期に関する予測記事を公開しました。
記事によると、Appleは2019年前半に「ヘルスモニタリング機能」を含む次世代AirPodを発売するとのことです。

ヘルスモニタリング機能について具体的な内容には触れられていませんが、以前Appleがイヤホン型のデバイスによる心拍数の計測に関する特許を取得していることから、AirPodsに心拍センサーが搭載される可能性が高そうですね。

AirPodsはAppleが発売しているワイヤレスイヤホンで、AppleWatchは組み合わせて使うことで完璧なユーザー体験を生むデバイスだと思っています。

今回搭載されるヘルスモニタリング機能によっては、ちょっとAppleWatchと機能のバッティングが起きてしまうかもしれませんが、それでもAppleWatchユーザーとして追いかけたい新デバイスになりそうです。

また、当初の発表より随分とスケジュールが遅れてしまったワイヤレス充電パッド「AirPower」も、ようやく現実的な発売時期のニュースが出ています。
新型AirPodsもAirPowerに対応したワイヤレス充電機能が搭載されることが濃厚と見られています。

Airpods2と、AirPower。
2019年前半のマストバイアイテムになりそうですね!

[ via Next-Gen AirPods With ‘Health Monitoring’ Features Said to be Coming in First Half of 2019 – MacRumors ]