Apple Watchの充電ケーブルを持ち歩くなら「Charging Wallet」が便利!出張が多い人には絶対オススメです

Charging wallet

Apple Watchの充電器は、磁石でピタッとくっつけるだけで非常に簡単。
でも、LightningケーブルやmicroUSBなど汎用性のあるケーブルじゃないため、一泊以上の外出や出張の時には荷物が増えてしまう原因にもなっていました。
もちろん、ケーブル1本なのでかさばるというわけではないんですが、持ち歩くケーブルが増えるのって意外に煩わしいものですよね…。

そんな時、「Charging Wallet」があると便利!
1,000円以下と安価なので、出張が多い人や外出時にApple Watchの充電が切れて困った経験がある人は1つ持っておくといいですよ!

Charging Walletって何?

61gGaK4wsfL SL1000

Charging Walletは一言で言えば、Apple Watchの充電ケーブルを収納するためのアイテム。
シリコン製の”ケーブル巻き取りホルダー”なんですが、Apple Watchに最適化しており、円形のマグネット部分がぴったりはまり、そのまま携帯用の充電スタンドとしても使えるデザインになっています。
文字盤部分を覆うシリコン製のカバーもあるので、充電中にカバンの中にそのまま入れて置いても、本体を傷つけずに保護することができます。
Apple WatchはSeries2で少し厚みが増しましたが、伸縮性のあるカバーなので問題なく使えますよ!

Charging Wallet、実際に買ってみた!

“開封の儀”というほど大層なものではありませんが、一応実際の使用感を。

R0001825
箱は本体サイズとほとんど同じ非常にコンパクトなもの。Apple Watchがグルッと巻きついたようなデザインで、意外におしゃれです。

R0001826
側面を見るとどうやら「Charging Wallet」にはカラーバリエーションがあるようです。
Amazon等では「黒」以外は販売されていませんが、海外サイトを探せば他の色も見つかるのかな…。

R0001827
箱の中身はこんな感じで本体のみがビニールに包まれた状態で入っています。取説もなし。でも特に迷うことなく使えるのはシンプルながらも優れたデザインといえますね。

R0001828
本体はこんな感じ。「Charging Wallet」というだけあって確かに財布っぽいデザイン。
シリコン製で、Apple Watchのスポーツバンドと同じようにスベスベした手触りです。

R0001829
カバーを開けると、Apple Watchの充電器をはめる穴が。

R0001830
硬すぎず、緩すぎず、ピッタリはまります。

R0001831
ケーブルはクルクルと巻きつけていくだけ。Apple Watch Series2に付属の1mのケーブルだとこのくらいのボリュームに収まります。

R0001833
最後に、USB端子を裏面にはめると、これまたピッタリ収まります。

R0001835
ケーブルの両端がしっかり留まっているので、持ち歩きの際はこのままカバンに入れておけばケーブルが暴れることもありません。
(もちろん、持ち歩き時はカバーは閉じておきますが。。)

R0001838
充電時は、USB端子を外しモバイルバッテリーなどに接続。
充電器側は取り外しせずに、そのままApple Watchを乗せれば充電することができます。

R0001841
カバーをつけて、Apple Watchのバンドも留めれば、こんなにコンパクトに!
このままカバンの中に入れても、カバーのおかげでApple Watchの本体に傷がつくことを心配する必要もありません。

R0001840
もちろん、バンドを留めずに使うことも出来ます。例えば車の中など不安定な場所で充電する際、カバーだけでもつけておけば、充電器が外れてしまうこともありません。

なお、Apple Watch Series 2がちょっと厚いせいもありますが、カバーの装着はちょっとだけ力が入ります。
取り外す際もあまり強引に外すと、カバーの穴の部分が裂ける可能性もあるので、ちょっとだけ慎重に扱うことをおすすめします。
(※シリコン製でそれなりに頑丈なので、そこまで神経質に取り扱う必要はありませんが。)

初代Apple Watchについていた2mのケーブルも使えます

第2世代のApple Watch Series 2に付属のケーブルは1mでしたが、初代にはもっと長い「2m」のケーブルが付属していました。
長いことが便利なときも確かにありますが、正直2mは長すぎた…。

そんな持て余しがちな2mのケーブルもCharging Walletならコンパクトに収まります。
R0001842

初代→2代目と乗り換えた人は、普段使いを1mのケーブルにして、2mの方はCharging Walletで持ち歩くのがオススメですよ!


というわけで、Apple Watchの充電ケーブルを持ち歩きたい人には絶対オススメな「Charging Wallet」の紹介でした。

watchOS 3.1でバッテリーの持ちは非常に良くなったものの、2泊3日の旅行などは流石に厳しい…。Suicaとしても使っているので充電切れは本当に困る…。
そんな時、モバイルバッテリーと合わせてカバンの中に入れておくと安心です!

追記

facebookで質問をいただいたので追記。
記事中で使っているモバイルバッテリーはAnkerのPowerCore+というモデルです。
USBポートを2つ持っているので、iPhoneとApple Watchを同時に充電できるので便利です。
約300gとちょっと重いのですが、iPhoneを6回充電出来る大容量なのに結構安いのでオススメです。

↑私が使っているのはこれですが、新型のモデルが出ているようです。新型の方が重量も軽くなっており、実売価格も安い!今買うならこっちの方が良いと思います。