本末転倒!?Apple Watchのアクティビティで「完璧な1ヶ月」を達成するためにムーブゴールのスコアをごまかす方法

IMG 2492

Apple Watchを使う最大の目的が”運動”という人は多いと思いますが、それでも、ワークアウトアプリの”成果”で「完璧な1ヶ月」のバッジを獲得した!という人はなかなかいないのではないでしょうか。

毎日の”アクティブカロリー”の目標値として設定される「ムーブゴール」を1ヶ月間1日も欠かさずに達成すると獲得できるこのバッジ。
一見簡単に獲得できそうにも思えますが、ムーブゴールは前週のムーブゴール達成の状況から自動的に設定されるもの。Apple Watchに勧められるがままに設定してしまうと、毎日確実に達成するのが難しいレベルにまで高められてしまいます。
また、通勤・通学時にサイクリングで運動しているという人は、天気によって消費カロリーが大きく増減し、ムーブゴール達成できない日もあると思います。
そんなわけで、“1日から末日まで、1ヶ月を通して、毎日ムーブゴールを達成する”という「完璧な1ヶ月」達成の条件は想像以上に厳しいものです。

それでもどうしても「完璧な1ヶ月」のバッジが欲しい!!
そんな人には、かなり”裏技”的にムーブゴールを達成する方法があります。

もちろん、「バッジ」はあくまで結果についてくるものであるべきで、バッジ獲得のために裏技を使うというのでは何のためにApple Watchを使っているのかわからなくなります。裏技で獲得した「完璧な1ヶ月」のバッジには何の価値もないのかもしれません。
それでもかまわないから「完璧な1ヶ月」のバッジが欲しい!という場合に、以下の手順を試してみてください。

「今日は絶対ムーブゴール達成できない!」と思った日に使える”裏技”

雨のせいで運動ができない時など、どうしても今日中にムーブゴール達成が難しい時は、その日のうちにムーブゴールを変更しましょう。

手順は簡単で、「アクティビティ」アプリの画面を強く押してメニューを表示。
メニューから「ムーブゴールを変更」を選択します。
IMG 2493 2

「1日のムーブゴールを変更」の画面で、カロリーの左側にある「-(マイナス)」ボタンをタップして、達成できそうな数値までカロリーを下げます。
最後に「アップデート」をタップすると完了です。
IMG 2495

ここで変更したムーブゴールは翌日に引き継がれてしまうので、翌日以降ちゃんと運動できそうな場合は、ムーブゴールを適正な数字まで戻しておくのを忘れないように気をつけましょう!

「昨日ムーブゴールを達成できなかった…。どうにかしたい!」と思った時に使える”裏技”

当日分は「ムーブゴールの変更」で対応できましたが、問題なのはムーブゴールを達成出来ずに一日を終えてしまった日。
でも、そんなときにも使える”裏技”があるんです!

例えば、ムーブゴールをあと少しで達成できなかった10月30日で試してみましょう。
IMG 2485

iPhoneの「設定」アプリから、「一般」>「日付と時刻」を選択。
自動設定のチェックがついていればチェックを外し、ムーブゴールを強制的に達成させたい日を選択します。時刻は何時でもかまいません。
IMG 2486

変更した日付がApple Watchにも反映されていることを確認しましょう。
IMG 2487

日付を確認したら「アクティビティ」アプリを選択。
画面を強く押してメニューを表示したら、メニューから「ムーブゴールを変更」を選択します。
IMG 2489

ムーブゴールを、該当日のアクティブカロリーで達成可能なカロリーに変更して、アップデートを押すと完了。
アクティビティのサークルが一周して、ムーブゴールを達成できたことになったのが確認できると思います。
IMG 2488 2

これで過去分もムーブゴールを達成することができました!
IMG 2491

過去のムーブゴールを変更する際の注意点

ヘルスケアデータの処理に時間がかかるのか、連続して複数の日のデータを何度も変更しようとすると、情報がうまく編集できなくなることがあります。
すこし時間を置いて試すとうまくいくことが多いのですが、あまりに何箇所もデータを変更しようとするとなかなかうまくデータが反映されないのでご注意ください。

また、ムーブゴールのデータを変更するにはApple Watch内にアクティブカロリーのデータが保存されている必要があります。
私の場合、Apple Watch Series 2を購入した時点で初代Apple Watchのデータを引き継いだんですが、アクティビティーのデータは引き継がれていないようでした。
(iPhoneのアクティビティアプリなどで過去のログを見ることはできます。)

アクティビティデータがWatch本体にどれだけの期間保存されているのかは不明ですが、過去分のデータを変更したい場合はなるべく早めに対応するにように気をつけてください。


というわけで、Apple Watchのアクティビティで「完璧な1ヶ月」を達成するための”裏技”の紹介でした。
過去のアクティビティデータを変更・編集するわけではなく、あくまで「ムーブゴール」を変更するので、ライフログデータをごまかすわけではないものの、この手法で「完璧な1ヶ月」を達成したところでちょっとモヤっとした気持ちになると思います。
それでも、どうしても「完璧な1ヶ月」を達成したい!という場合は、自己責任のもと”裏技”を試してみてはいかがでしょうか!