【Apple Watchでできること】まとめ

Appleが6月21日に「ヨガの日」チャレンジを開催!Stay Homeで達成可能

Apple Watchの「アクティビティ」アプリでは、一定の条件を満たすことで「バッジ」を獲得できる「チャレンジ」という仕組みが提供されています。
そんな「チャレンジ」の中でも、特定の期間内に特定のアクティビティを行うことで獲得できる「限定チャレンジ」も定期的に開催されています。

新たな限定チャレンジとして、6月21日に「ヨガの日チャレンジ」が開催されることがわかりました。
6月5日の「環境の日チャレンジ」に続き、6月二度目の限定チャレンジとなります!

Appleが6月5日に「環境の日」チャレンジを開催!「スタンド」のみで達成可能

「ヨガの日チャレンジ」の詳細

ヨガの日チャレンジは、2020年6月21日に、20分以上のヨガのワークアウトを行うことで達成することができます。
「環境の日」チャレンジに続き、外出なし。自宅でも参加できるようなチャレンジになっているのが嬉しいですね!

メモ
2019年の「ヨガの日チャレンジ」は15分のヨガワークアウトで達成できました。
2020年は「20分」なので少しハードルが上がっているようです!

限定チャレンジを達成すると、「アクティビティ」アプリで確認できる「バッジ」の他、メッセージアプリで使える「ステッカー」もプレゼントされます。

「ヨガの日チャレンジ」は、限定チャレンジの中でも達成条件のハードルが低く、達成しやすいチャレンジだと思います。
「ヨガ」のワークアウトを記録する必要があるので、21日は忘れずにチャレンジ参加しましょう!!

memo

アクティビティアプリの詳しい使い方は、以下の動画でも詳しく説明しているので、チェックしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です