AirPodsのバッテリー残量の確認方法まとめーAppleWatchからも確認可能です

Airpods battery

12月19日に発売された、Apple純正のワイヤレスイヤホン「AirPods」(エアーポッズ)。
特にAppleWatchとの相性が素晴らしく、かなり満足度高く使用しています。


発表当時気になっていたバッテリーの持ちについても、実際使用してみたところ1週間に1〜2回程度充電すれば十分使える感じ。
そういう意味で不満はまったくないんですが、やっぱり「バッテリーがあとどのくらい持ちそうか?」という情報は知りたいところです。

というわけで、AirPodsのバッテリー残量の確認方法をまとめてみたいと思います。

AppleWatchでAirPodsのバッテリー残量を確認する方法は?

AppleWatchユーザーは、iPhoneを鞄の中などに入れて使っている人も多いと思うので、AirPodsのバッテリー残量もiPhoneを取り出さずにチェックしたいはず!
そういう時は、AppleWatchのコントロールセンターから確認することができます。

1.文字盤の画面を下から上へスワイプして「コントロールセンター」を表示
2.コントロールセンター左上のバッテリー残量をタップ
IMG 3268

3.画面下部にAirPodsのバッテリー残量表示エリアが追加されているので、残量を確認することができます。
IMG 3123 3

通話と同様、こちらもAirPods専用の画面UIが用意されています。
さすが純正アクセサリ!!

なお、AppleWatchで確認できるのはAirPods本体のバッテリー残量のみ。ケースの残量はiPhoneでしか確認できません。

iPhoneでAirPodsのバッテリー残量を確認する方法は?

iPhoneでの確認方法は簡単で、iPhoneのそばでAirPodsのケースの蓋を開けることでiPhoneに専用のウインドウが開き、バッテリーの残量を確認することができます。
IMG 3270

また、「ウィジェット」に「バッテリー」を入れておくと、AirPodsの残量も表示されるようになります。
IMG 3272
なお、AirPodsケースの残量はやはり蓋を開けたときしか表示されないのでご注意ください。

また、iPhoneの場合はSiri経由でバッテリー残量が表示されます。
iPhoneのSiriは音声で返答してくれるので、AirPods経由でSiriを使って確認することもできます。
IMG 3293

こんな時どうなる?AirPodsのバッテリー表示のパターンを覚えておこう!

AirPodsは左右独立した完全ワイヤレスイヤホンということもあり、左右それぞれのAirPodsと、充電器にもなるケースの3つが独立したバッテリーを持っています。
そのため、利用シーンによってバッテリー残量の表示パターンが変わるので、それぞれの表示パターンを覚えておく必要があります。

AirPodsを左右両方同時に使う場合

AirPodsを左右両方同時に使う場合、1つのワイヤレスイヤホンとして認識されます。
この時、左右のうちバッテリーが少ない方が、AirPods全体のバッテリー残量として選択されます。
例えば、左のバッテリー残量が50%、右のバッテリー残量が100%の場合でも、左右両方同時に使っている時は、バッテリー残量50%として表示されます。
Airpods battery01
▲AppleWatchでは左右独立して表示されますが、バッテリー残量は同じ数値が表示されます。

AirPodsを左右両方同時に使用中にAirPodsケースの蓋を開けた場合

AirPodsを左右同時に使っている場合は、AirPodsのケースの蓋を開けても何も起こりません。

AirPodsを左右片方だけ使う場合

AirPodsを片方だけ使っている場合は、使用中のAirPodsだけが表示されます。
Airpods battery02

AirPodsを左右片方だけ使用中にAirPodsケースの蓋を開けた場合

AirPodsを片方だけ使っているときにAirPodsのケースを開けると、充電中のAirPodsのバッテリー残量とAirPodsケースのバッテリー残量を確認することができます。
AirPodsのバッテリー残量は、左右それぞれ独立した数値が表示されます。
Airpods battery03

また、iPhoneのそばでケースを開けるだけでも確認することができます。
IMG 3280

AirPodsを使っていない場合

AirPodsを使っていない時は、iPhone、AppleWatchともに、画面上にAirPodsのバッテリー情報は表示されません。

AirPodsを使っていない時にAirPodsケースの蓋を開けた場合

AirPodsを使っていない場合も、ケースの蓋をあけることでバッテリー残量を確認することができます。
この時も、AirPods本体は1つのイヤホンとして認識されます。
Airpods battery04

こちらも、iPhoneのそばでケースを開けることでも確認できます。
IMG 3270


以上、AirPodsのバッテリー残量の確認方法まとめでした。
AirPodsを左右同時に使っている場合や同時に充電している時には「1つのイヤホン」として認識される点や、ケースのバッテリー残量は蓋を開けたときしか表示されない点を覚えておきましょう!