AirPods Proが正式発表!初のノイズキャンセリング搭載で販売価格は税込30,580円

Apple純正の完全ワイヤレスイヤホン「AirPods」シリーズの最新・最上位モデル「AirPods Pro」が、10月30日に発売されました。
販売価格は、27,800円(税込:30,580円)です。

AirPods Pro、何が変わった?

アクティブノイズキャンセリング

外部の音をマイクで拾い、アンチノイズの波形を合成することで外部の音を遮断する「ノイズキャンセル」の機能が、AirPodsとしては初めて搭載されます。
内向きのマイクで、耳の内側のノイズもなくすことができます。

外部音取り込みモードへの切り替え

AirPodsの軸部分を長押しすると、ノイズキャンセル機能をオフにする「外部音取込みモード」に切り替えることができます。
周囲の音を聞きたいときや、人と会話したいときなどはこのモードに切り替えられます。

デザインを一新

AirPods Proはデザインが一新。
インイヤー型の形状になり、S・M・Lの3サイズのイヤーチップにより、耳にフィットさせることができます。

また、軸部分にタッチ部分が明確に用意されているのがデザイン上の違いです。

タッチ操作やSiriによる操作は従来通りですが、軸部分の長押しで外部音取込みができるのが、従来までとの大きな違いです。

重量は、従来の4gから5.4gにアップ(左右とも)。軸部分は若干長くなり、やや厚みが増しているようです。
ケースのサイズも大きく変わっており、従来のものよりかなり横長になります。
ケースも40gから45.6gと若干重くなっています。

アダプティブイコライゼーションによる音質アップ

ノイズキャンセリングに加え、内向きのマイクで、耳に流れている音楽を聴きながら、音質を調整することで、従来のAirPodsよりも高音質になるようです。

IPX4相当の耐水性能

主にワークアウト中の汗への対策として、耐汗耐水性能が搭載されます。
IPX4相当なので、「水の飛まつに対して保護」というレベル。
流水に耐えれられるIPX5や、水に浸してもOKなIPX7相当の”防水”ではないので注意は必要ですね。

Qi規格のワイヤレス充電に対応

第2世代のAirPodsと同様、ワイヤレスでの充電が可能です。
ケースに入れて充電しながら使うことで24時間の使用が可能。連続再生時間は4.5時間となっています。
第2世代のAirPodsは連続再生5時間だったので、ノイズキャンセル機能がある分、少しだけ連続再生時間が短くなっています。

その他、従来通りのAirPodsの機能ももちろん採用

従来のAirPodsでも採用されていた便利機能ももちろん継続で採用されています。
・iPhoneの近くで蓋を開けるだけで簡単に接続
・Siriによる操作が可能
・オーディオ共有で、複数のAirPodsに音声を出力することが可能


AirPods ProはすでにApple Storeから購入が可能です。
価格はちょっと高めですが、初のノイズキャンセリングAirPodsということや、EarPodsからの系譜の形状が耳に合わないという人も(特に日本人には)多いこともあり、人気で品薄になることが予想されます。
気になる人は、早めの購入を検討した方が良いかもしれませんね!

【参考】
発売前の噂通りの形状で、機能や価格もほぼ噂通りですが、8色とも言われていたカラーバリエーションはなく、白のみで発表されています。

[ via AirPods Pro – Apple(日本) ]