Beatsが新型AirPods同等の性能を持つ完全ワイヤレスイヤホン「Powerbeats Pro」を発表!AirPodsとの比較のポイントは?

Apple参加のオーディオメーカー「Beats by Dr. Dre」から、先日発売された新型AirPodsと同じH1チップを採用さいた完全ワイヤレスイヤホン「Powerbeats Pro」が発表されました。
発売予定は5月。販売価格は24,800円と予定されています。

Powerbeats Pro vs AirPods(第2世代):共通の機能は?

新型AirPodsと同じW1チップを採用した「Powerbeats Pro」では、AirPodsの特徴とも言える以下の機能がそのまま採用されています。

  • iPhoneとのかんたんな接続・高速な接続機器の切り替え
  • 高速充電
  • 「Hey Siri」対応
  • センサーによるイヤホンの装着感知(耳から外すと音楽を一時停止、など)
  • ケースで充電することで、最長24時間の使用が可能

Powerbeats Pro vs AirPods(第2世代):PowerBeats Proの良いところ

Powerbeats Proの良いところはやはり音質!ノイズアイソレーションというノイズの低減機能がついているのが嬉しいポイントです。
あとは、音量調整の物理ボタンがあるところ。AirPodsは本体をトントンと叩くことでSiriの起動などが可能ですが、ボタンで音量調整できるのはかなり便利そうに思えますね!

  • カラーバリエーション:アイボリー、ブラック、ネイビー、ボス
  • ノイズアイソレーション機能もついた高音質サウンド
  • 最長9時間の連続再生:AirPods2は5時間
  • 耐汗・防沫(ただし具体的な耐水性能の仕様は未発表)
  • 物理ボタン:音量の「+」「-」ボタン、長押しで着信拒否に使える「b」ボタン
  • 4種類のサイズのイヤーチップ

Powerbeats Pro vs AirPods(第2世代):AirPods(第2世代)の良いところ

Powerbeats Proの発表時には「AirPodsの上位互換」なんていう表現も耳にしましたが、AirPodsの方が良いところももちろんあります。
特にきになるのはサイズ感でしょうか。AirPodsと比べると本体もケースもちょっとかさばるのは気になる人も多いでしょう。
Qi対応のワイヤレス充電も、慣れてしまうと有線での充電はちょっと面倒に感じてしまいますね。。

  • サイズ:本体、ケース共にAirPodsの方がかなり小さめ。特にケースはPowerbeats Proの方はズボンのポケットに入れるにはかなり大きい。メガネやマスクをつけて使う場合は、本体のイヤーフックが邪魔になることも
  • 価格:Powerbeats Proは24,800円、AirPodsは22,800円(ワイヤレス充電版) or 17,800(有線充電版)
  • ワイヤレス充電(Qi充電)対応

Powerbeats Pro vs AirPods(第2世代):好みが分かれるところ

好みが分かれるのはやはりデザインでしょう。
発売当時こそ「耳からうどん」と揶揄されたAirPodsですが、最近は身につけている人を見かける機会がとても増え、むしろおしゃれな印象で普及しているのが実感できます。
Powerbeats Proの方ももちろん洗練されたデザインではありますが、AirPodsのシンプルさが好みという人も多いでしょう。

オープンイヤー型のAirPodsと、インナーイヤー型のPowerbeats Proという観点でも好みは分かれるところだと思います。
音質にこだわるならインナーイヤー型の方が良いですが、例えば外でのランニングやウォーキングでは外部の音が聴きやすいオープンイヤーの方が良いという人もいると思います。
AirPodsの硬い質感や形状が合わないという声も耳にしますし、インナーイヤーの密着感に圧迫感や不快感を感じるという人もいるようです。
この辺りは完全に好みが分かれるポイントですね。

  • デザイン
  • オープンイヤー型 or インナーイヤー型

iPhoneとAppleWatchユーザーにとっては”ほぼ一択”状態だったAirPodsに変わる新たな選択肢として登場したPowerbeats Pro。
AirPodsのメリットはほぼそのままに、より高音質でデザインの選択肢も多いPowerbeats Proの登場は嬉しい限り!
不満があるとすればAirPods2の発表と同じくらいに情報を公開して欲しかったというのはありますが…(Powerbeats Proの発売と、AirPowerが発売中止になることが発表されていたら新型AirPodsは買っていなかったという人も多いはず。私だって買ってなかったかも…(笑))

Qi未対応なのは個人的にちょっと不満ですが、かなり物欲を刺激するデバイスが登場!
すでに新型AirPodsを買ってしまった私としては、Powerbeats Proを購入するかどうかはもう少し悩んでみようと思います…。

[ via Powerbeats Pro – Beats by Dre ]