【Apple Watchでできること】まとめ

【2021年11月最新】Apple Payを使うならマスト!「ビューカード」の入会キャンペーン

AppleWatchを使いこなすうえで絶対に設定しておくべきなのが「Apple Pay」
特にSuica×ビューカードの組み合わせは最強です。

「オートチャージが使える」「チャージの際のポイント還元が1.5%」と便利でお得!
ApplePayのSuicaがワンランクアップします。

そんなビューカードが、11月以降の入会キャンペーンを発表しています。
新しくApple Watchを使い始めたばかりの人はもちろん、すでにApple Watchを使っているけどビューカードはまだ持っていないという人も、この機会にぜひゲットしましょう!

いろんな種類があるビューカード、どれが良いの?

ビューカードにはいろんな種類があり、基本の特典はあまり変わりませんが、初年度は年会費無料、Suicaオートチャージで1.5%還元、優待店での還元が最大3.5%の「JRE CARD」がおすすめです。
特にこだわりがないのであれば、「JRE CARD」を作っておけば間違いありません!

こんな人におすすめ
・年会費は無料で使いたい
・コンビニなどでも決済はSuicaを使う
・アトレ、エキュートなどJR東日本の優待店利用が多い

他にも、一番スタンダードな「「ビュー・スイカ」カード」や、ゴールドカードの「ビューゴールドプラスカード」も定番です。

Memo
ざっくりいうと、駅ビルやJRE MALLなど駅関連施設での買い物でポイント還元率が高いのがJREカード。家族カードなどが充実しているのが「ビュースイカ」カード、という感じです。

ビュースイカもJREカードも、「Suica定期券」として利用できるのもメリットですね。

「ビュー・スイカ」カードは、スタンダードなビューカード。利用に応じたボーナスポイントや、定期券利用ができるのがポイント。家族カードが使えるのも特徴です。
ビューゴールドプラスカードは、ビュー・スイカカードのゴールドカード。還元率はゴールドカードとしてはやや低めではありますが、一般的なゴールドカードの特典が受けられます。
JREカードは、JRE東日本の駅ビルや駅ナカ施設であるアトレ等で、3.5%という高いポイント還元を受けられるのが特徴。駅ナカをよく使う人にはおすすめです!

Apple WatchでのSuicaの使い方を動画で見る

2021年11月以降の「ビューカード」入会キャンペーン一覧

JRE CARD: 最大5,000ポイント

JRE CARDの入会特特典

特典総額:最大5,000ポイント
特典1:JCBブランドでの申込で2,000ポイント
特典2:オートチャージ利用3,000円以上で500ポイント
特典3:ご利用に応じて、最大2,500ポイント
・60,000~120,000円利用の方は1,000ポイント
・120,001円以上利用の方は2,500ポイント

期間:2021年11月1日(月)~2022年1月31日(月)

「ビュー・スイカ」カード:最大5,000ポイント

ビュー・スイカ」カードの入会特特典

特典総額:最大5,000ポイント
特典1:CBブランドでのオンライン申込で2,000ポイント
特典2:ご利用に応じて、最大3,000ポイント

・5,000~50,000円利用の方は500ポイント
・50,001~100,000円利用の方は1,000ポイント
・100,001〜150,000円利用の方は2,000ポイント
・150,001円以上利用の方は3,000ポイント

期間:2021年10月1日(金)~2022年1月31日(月)

ビューゴールドプラスカード:最大30,000ポイント

ビューゴールドプラスカードの入会特特典

特典総額:最大30,000ポイント
特典1:通常入会特典5,000ポイント
特典2:家族カード同時入会で1,000ポイント
特典3:JCB入会キャンペーンお申込みで2,000ポイント
特典4:期間中の入会者の中から抽選で100名に10,000ポイント
特典5:ご利用に応じて、最大12,000ポイント

・300,000〜700,000円利用の方は6,000ポイント
・700,001円以上利用の方は12,000ポイント

期間:2021年10月1日(金)~2022年1月31日(月)

iD用の「dカード」「dカード GOLD」もおすすめ!dカードは年会費も無料になりました!

当サイトでは以前より「Suica」と「dカード」の二枚持ちを推奨しているんですが、Apple PayでSuica以外も持っておきたいのがiD対応の「dカード」。

Suicaの1.5%還元が下手なクレジットカードよりもはるかに高還元率なんですが、dカードは加盟店が多いのでdカード×iDも設定しておくと、さらにお得に使うことができます!

「Suica」「dカード GOLD」に2枚設定が定番の組み合わせ!

dカードと言えば「ドコモ」が発行しているカードなので、ドコモユーザー向けという印象もあると思います。
でも、ドコモユーザーであればゴールドカードの「dカード GOLD」を持ったほうがよく、「dカード」はどちらかというとドコモ以外のユーザーにおすすめです。
特に「dカード」は年会費が無料になったので、作っておいて損はないと思います!

memo
dカード GOLDは年会費がかかりますが、携帯料金のポイント還元が10%ととても高いので、ドコモユーザーであれば年会費の元を取れる場合が多いです。
家のネットも「ドコモ光」でまとめていたり、家族分の料金もまとめて払っている場合はさらにお得。
ドコモユーザーであれば、よっぽど月額を抑えている場合以外はGOLDを検討した方がよいと思います。

キャンペーンが多いのも特徴で、とにかくザクザクとポイントが貯まりますし、貯まったポイントが手軽に使いやすいのも特徴です。

dカード:最大8,000ポイント(期間用途限定)

dカードの入会特特典

特典総額:最大8,000ポイント
特典1:毎月のドコモのご利用料金をdカード払いにすると1,000ポイント
特典2:対象期間中のショッピングご利用金額の25%のdポイント
特典3 :「こえたらリボ」「キャッシングリボご利用枠」の設定でそれぞれ1,000ポイント

[期間1]入会~入会翌月末 [期間2]入会翌々月
各期間の上限ポイントは2,500ポイントで合計最大5,000ポイント

こんな人におすすめ
・年会費は無料で使いたい
・ローソン、マクドナルド、マツモトキヨシをよく使う!

dカード GOLD:最大20,000ポイント(期間用途限定)

dカード GOLDの入会特特典

特典総額:最大20,000ポイント
特典1:毎月のドコモのご利用料金をdカード払いにすると1,000ポイント
特典2:対象期間中のショッピングご利用金額の25%のdポイント
特典3:「こえたらリボ」「キャッシングリボご利用枠」の設定でそれぞれ1,000ポイント

期間限定キャンペーン: 抽選で5,000名様に7,000ポイント

[期間1]入会~入会翌月末 [期間2]入会翌々月
各期間の上限ポイントは5,000ポイントで合計最大10,000ポイント

こんな人におすすめ
・ドコモユーザーの方
・ゴールドカード特典を使いたい方
・ローソン、マクドナルド、マツモトキヨシをよく使う!

というわけで、Apple Watchを使うなら「Suica×ビューカード」「iD×dカード」の2枚持ちでApple Pay。
これで、Apple Watchが手放せないデバイスになるのは間違いありません。
(逆に言うと、Apple Watchなしの生活には戻れないので注意が必要ですが…。)

今後もますます現金ではなく電子マネーを使いたい場面は多くなると思います。
iPhoneや財布を取り出すことなく、Apple Watchで決済できるのは本当に便利なので、まだApple Payを活用していない方はこの機会にぜひ利用してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です