ApplePayを使うならマスト!「ビューカード」と「dカード」の10月からの入会キャンペーンまとめ

AppleWatchを使いこなすうえで絶対に設定しておくべきなのが「Apple Pay」。
特にSuica×ビューカードの組み合わせは最強で、「オートチャージが使える」「チャージデポイント還元が1.5%」と”便利さ”の面でも”お得さ”の面でもApplePayのSuicaがワンランクアップします。

そんなビューカードが、10月以降の入会キャンペーンを発表しています。
新しくAppleWatchを使い始めたばかりの人はもちろん、すでにAppleWatchを使っているけどビューカードはまだ持っていないという人も、この機会にぜひゲットしましょう!

特に、10月1日以降はJR東日本での電車利用でもポイントが貯まるようになり、ApplePayのSuicaなら50円ごとに1ポイントのJREポイントが貯まります。

👉鉄道利用で貯まるポイントサービス開始のご案内 JR東日本の共通ポイントサイト - JRE POINT

ビューカードでチャージの際にもポイントが貯まり、かつ電車利用でもポイントが貯まるという「ポイント二重取り」も可能なので、JR東日本で鉄道利用する方は特に持っておいたほうがよいカードだと思います!

※AppleWatchを使うならApplePay(特にSuica)はマスト!!

いろんな種類があるビューカード、どれが良いの?

Viewカードにはいろんな種類がありますが、初年度は年会費無料、2年目以降もカードの利用が年に1回でもあれば年会費無料のままで使える「ビックカメラSuicaカード」がおすすめです。

他にも、一番スタンダードな「「ビュー・スイカ」カード」や、ゴールドカードの「ビューゴールドプラスカード」。また、同じくJR東日本が提供しているJREポイントに特化した「JRE CARD」も定番です。
(ざっくりいうと、駅ビルやJRE MALLなど駅関連施設での買い物でポイント還元率が高いのがJREカード。家族カードなどが充実しているのが「ビュースイカ」カード、という感じです。)
ビュースイカもJREカードも、ともに「Suica定期券」として利用できるのもメリットですが、ApplePayで使うなら定期はアプリ内で発行できるので、1枚にまとめられるメリットはそこまで大きくないかもしれません。

他にも、ルミネをよく使う人にはお得な「ルミネカード」などもおすすめです。

迷ったらやはり年会費を無料で運用しやすい「ビックカメラSuicaカード」がおすすめですね!
(カードの利用が年に1回でもあれば年会費無料。1回の利用はSuicaへのチャージでもOKなので、無料での運用のハードルはかなり低いです。)
ただ、JR東日本の駅ビルでの買い物が多い人は「JRE CARD」の方がお得になるかもしれません。
(対象となる店舗は以下

[ via JR東日本の共通ポイントサイト - JRE POINT ]

ビューカード、10月以降の入会キャンペーン一覧

ビックカメラSuicaカード:最大総額5,500円相当ポイント

特典総額:最大5,500円相当ポイント
特典1:新規入会で1,000JREポイント
特典2:合計3万円以上の利用ごとに1,000JREポイント(最大4,000ポイント)
特典3:JCBブランドお申込みの方全員に、ビックポイント500ポイント

入会期間:2019年10月1日 ~ 2019年11月30日
エントリー期間:2019年10月1日 ~ 2020年1月31日
発行期限:2019年12月31日まで
利用期限:2020年1月31日まで
ポイント付与日:
・JRE POINT 2020年3月中旬以降予定
・ビックポイント 2020年2月下旬以降予定

JRE CARD:最大3,000ポイント

特典総額:最大3,000ポイント
特典1:初めてのオートチャージ3,000円以上のご利用で300ポイント
特典2:ご利用に応じて、最大2,700ポイント
※・合計5,000円以上、50,000円以下ご利用の方に、JRE POINT 500ポイント
 ・合計50,001円以上、100,000円以下ご利用の方に、JRE POINT 1,500ポイント
 ・合計100,001円以上ご利用の方に、JRE POINT 2,700ポイント

入会期間:2019年10月1日 ~ 2019年10月31日
エントリー期間:2019年10月1日 ~ 2019年12月31日
発行期限:2019年11月30日まで
利用期限:2019年12月31日まで
ポイント付与日:2020年2月中旬以降予定

「ビュー・スイカ」カード:最大5,000円相当のポイント

特典総額:最大5,000円相当のポイント
特典1:新規入会で2,000ポイント
特典2:家族カード同時入会で1,000ポイント
特典3:初めてのオートチャージで3,000円以上ご利用で、1,000ポイント
特典4:カードのご利用合計10万円以上で1,000ポイント(得点2も含む)

入会期間:2019年10月1日 ~ 2020年1月31日
エントリー期間:2019年10月1日 ~ 2020年3月31日
発行期限:2020年2月29日まで
利用期限:2020年3月31日まで
ポイント付与日:2020年5月中旬以降予定

ビューゴールドプラスカード:最大32,000ポイント

特典総額:最大32,000ポイント
特典1:新規ご入会で5,000ポイント
特典2:家族同時入会で1,000ポイント
特典3:初めてのオートチャージで3,000円以上ご利用で1,000ポイント
特典4:カードのご利用合計10万円ごとに3,000ポイント
※最大25,000ポイントまで(得点3も含む)

入会期間:2019年10月1日 ~ 2020年1月31日
エントリー期間:2019年10月1日 ~ 2020年3月31日
発行期限:2020年2月29日まで
利用期限:2020年3月31日まで
ポイント付与日:2020年5月中旬以降予定

ルミネカード:最大4,000ポイント

特典総額:最大4,000ポイント
特典1:新規ご入会で500ポイント
特典2:ルミネ各館で10,000円以上のご利用で3,000ポイント
特典3:抽選で500名様に500ポイント
※オンライン講座振替を利用し申し込みされた方が対象

入会期間:2019年10月1日 ~ 2020年1月31日
エントリー期間:2019年10月1日 ~ 2020年3月31日
発行期限:2020年2月29日まで
利用期限:2020年3月31日まで
ポイント付与日:2020年5月中旬以降予定

iDも使いたいなら「dカード」がおすすめ!通常dカードは年会費も無料になりました!

当サイトでは以前より「Suica」と「dカード」に二枚持ちを推奨しているんですが、ApplePayでSuica以外も持っておきたいのがiD対応の「dカード」。

通常の利用であれば、Suicaのチャージで1.5%還元が下手なクレジットカードよりもはるかに高還元率なのでSuicaでいいんですが、dカードは加盟店が多いのでdカード×iDも設定しておくと、さらにお得に使うことができます。
特にローソンやマクドナルドをよく使うならマストですね。

私も、「Suica」「dカードGOLD」に2枚設定に定着しています!

dカードと言えば「ドコモ」のカードなので、ドコモユーザー向けという印象もあると思いますが、ドコモユーザーであれば「dカード」よりもむしろ「dカード GOLD」を持ったほうがよく、「dカード」はどちらかというとドコモ以外のユーザーにおすすめです。
(dカードGOLDは年会費がかかりますが、形態料金のポイント還元が10%ととても高いので、家のネットも「ドコモ光」でまとめていたり、家族分の料金もまとめて払っている場合は、ほとんどの場合年会費分以上の還元を受けられます。ドコモユーザーであれば、よっぽど月額を抑えている場合以外はGOLDを検討した方がよいと思います。)
キャンペーンが多いのも特徴で、とにかくザクザクとポイントが貯まりますし、貯まったポイントが手軽に使いやすいのも特徴です。

10月から年会費が無料になったので、とりあえず作っておいても損はないカードだと思います。
(GOLDの方は年会費がかかるためGOLDの特典に見合うかは要検討。)

入会キャンペーンもなかなか豪華です!

dカード:最大8,000円相当のポイント

特典1:ご入会で入会してすぐ使える1,000円分のiDキャッシュバック
特典2:毎月のドコモのご利用料金をdカード払いにすると1,000円分のiDキャッシュバック
特典3:ご入会の翌月末までに、エントリー&ご利用で20,000円(税込)以上ご利用で、4,000円分のiDキャッシュバック
特典4:ご入会の翌月末までにエントリーし、ご入会の翌々月末までに設定すると2,000円分のiDキャッシュバック
※「こえたらリボ」の設定で1,000円分、「キャッシングリボ」の設定で1,000円分

dカードGOLD:最大15,000円相当のポイント

特典1:ご入会で入会してすぐ使える2,000円分のiDキャッシュバック
特典2:毎月のドコモのご利用料金をdカード払いにすると1,000円分のiDキャッシュバック
特典3:ご入会の翌月末までに、エントリー&ご利用で20,000円(税込)以上ご利用で、8,000円分のiDキャッシュバック
特典4:ご入会の翌月末までにエントリーし、ご入会の翌々月末までに設定すると2,000円分のiDキャッシュバック
※「こえたらリボ」の設定で1,000円分、「キャッシングリボ」の設定で1,000円分


というわけで、AppleWatchを使うなら「Suica×ビューカード」「iD×dカード」の2枚持ちでApplePay。
これで、AppleWatchが手放せないデバイスになるのは間違いありません。
(逆に言うと、AppleWatchなしの生活には戻れないので注意が必要ですが…。)

10月からの増税後は、特にキャッシュレス決済の普及が進み、バーコード決済の「〇〇Pay」系のキャンペーンも増えるとは思いますが、完全ハンズフリーの便利さはちょっとしたキャンペーンでは乗り換える気が起きない程度には快適!
まだ設定していない人は、ぜひお得な入会キャンペーンの実施期間中に設定しておきましょう!!