QRコード決済の「PayPay(ペイペイ)」がAppleWatchに対応!ApplePayの代わりになり得るかも!?

QRコード決済の代表的な「ペイ」の1つである「PayPay(ペイペイ)」が、最新バージョンのVer.1.37.0でAppleWatchに対応したことを発表しました。
対応バージョンの「PayPay」アプリはすでにAppStoreからインストール可能です。

無料
カテゴリー:ファイナンス
開発者:PayPay Corporation

AppleWatchでの決済と言えば、これまではApplePay、特にその中でも「Suica」の使い勝手が抜群によく、「アプリの起動やボタン等での操作も一切不要でタッチするだけ」という手軽さが便利すぎて、QRコード決済にはあまり魅力を感じていないというのが正直なところでした。

とはいえ、「AppleWatchで利用できる」となると話は変わって、Suicaの優位性は揺るがないまでも、利用時にサイドボタンのダブルクリックが必要なiDやQUICPayと比べると、そこまで使い勝手は悪くないのかな?と感じます。

もちろん、非接触で決済ができるiDやQUICPayが便利さでは勝っているとは思うものの、PayPayはキャッシュバック系のキャンペーンを頻繁にやっているので、これを機にPayPayも使ってみようかな?と思う人は多いのではないでしょうか。
(私もその一人です…(笑)元々興味はあったんですが、決済時にスマホを取り出してアプリを起動して、というのが面倒くさく感じていたんですが、AppleWatchで使えるのであれば、お得なキャンペーンの時くらい使ってみようかなと思っちゃいますよね。)

QRコード、バーコードの表示の他、残高の確認などもできる。バーコードが腕時計でレジに向けて表示しやすいように横向きに表示されているのも、よく考えられていますね!

iDやQUICPayと比べて「アプリの起動」の手間があり、サイドボタンダブルクリックに比べると面倒かな?とも思いますが、さすがにそこはよく考えられていて、「PayPay」アプリはコンプリケーションを提供しています。
文字盤のタップで起動できれば、サイドボタンダブルクリックと比べてもそこまで起動の不便さはないと感じます。

私もPayPayに慣れていないので、使用感についてはしばらく使ってみて新たにまとめてみようと思いますが、今までApplePayを使っていてQRコード決済に興味がなかったという人も、この機会にQRデビューしてみてはいかがでしょうか!

※ちなみに、今は新規登録から1週間以内の銀行口座登録で1000円相当がもらえるキャンペーンが実施中です!

無料
カテゴリー:ファイナンス
開発者:PayPay Corporation