カードの提示をしなくてもApplePayでPontaポイントが貯められるローソンの新サービス、本日よりスタート!

スポンサードリンク

先日お伝えした全国のローソン店舗ではじまる、ApplePayを使用するだけでポイントを貯めて使うことができるサービスが、本日より利用可能になりました!

いままで、特にAppleWatchでのApplePayを使っていた場合、せっかく”手ぶら”で買い物ができるのが魅力なのに、ポイントを貯めるためには改めてポイントカードを提示する一手間が必要でした。
この新サービスにより、ApplePayで支払うだけでポイントの付与まで行われるということで、ApplePayの便利さがさらにワンランクアップしたような感じですね。

まずはPontaカードをWalletに追加しよう!

ApplePayでポイントを貯めるために、まずはPontaカードをWalletに追加しましょう。
Pontaカードを追加するにはPontaアプリから追加するのが一番簡単。最新のバージョン3.1.0からWalletへの追加に対応しているので、アップデートしていない人はまずアプリをアップデートしましょう。

アプリのPontaカード提示画面に「Apple Walletに追加」のボタンが出てくるので、ボタンをタップするだけで追加することができます。


追加のプロセスの中で「自動で選択」の画面が出てきますが、ここでは自動に選択にチェックが入ったままの状態で追加をしましょう!
(※ここで自動に選択になっていないと、ポイントの自動付与などができないようです。)

その他、PontaWebから追加する方法、カード提示後にApplePayで支払った場合に通知が届き、その通知から追加する方法も用意されているようです。
詳しくはこちらのページをご参考に!
👉Ponta新サービススタート! iPhoneかざしてPontaポイント最大4倍キャンペーン実施中!!(2019年3月6日まで)|ローソン研究所

ApplePayで支払いとPontaポイントの付与を同時に行う方法

使い方は簡単で、ローソンのレジで「ApplePayで」と言ってApplePayで支払いをするだけ。
1回かざすだけで、支払いとポイント付与の両方が同時に行えるようです。


[ via Ponta新サービススタート! iPhoneかざしてPontaポイント最大4倍キャンペーン実施中!!(2019年3月6日まで)|ローソン研究所 ]

「ApplePayで」と言って支払い方法を選ぶので、支払うカードはSuica、iD、QUICPayのどれでも対応可能。
ローソンなので、ローソンでのポイント率やポイント還元による割引のある「dカード」「dカード GOLD」を使いたいところですね!

※ちなみに、ローソンでの「dカード」「dカード GOLD」による決済は”5%お得”が売りですが、dカード決済で3%割引、1%ポイント還元。そしてポイントカード提示で1%ポイント付与、という配分です。


ApplePayで支払う場合、やっぱりポイントカードの提示が必要だったんですが、この最後の1%還元は「dカード提示でdポイントを貯める」「Pontaカード提示でPontaカードを貯める」の二択だったので、Pontaポイントを自動で貯めれる様になったことで、dカードの”5%お得”を手ぶらで実現できるようになったというわけです。
素晴らしい!!!


Pontaポイント4倍のキャンペーンも始まりました!

新サービスの開始に合わせ、ローソンではApplePayによる決済でPontaポイントが最大4倍となるキャンペーンもはじまりました。
iPhoneをかざしてポイントを貯める(支払いは現金などでおこなって、ポイント付与のとこだけAppleWalletを使うパターン)と、ポイントが2倍。
さらに、支払いもApplePayで行うことでポイントが4倍となるキャンペーンです。
キャンペーン期間は2018年11月7日(水) ~ 2019年3月6日(水)。

3月まではローソンに通う日々になりそうです!
キャンペーンの詳しい情報はこちらのページを参考に
👉Ponta新サービススタート! iPhoneかざしてPontaポイント最大4倍キャンペーン実施中!!(2019年3月6日まで)|ローソン研究所

ローソンからのプレスリリース時にも「これは素晴らしいサービスだ!」と思いましたが、改めてサービスの詳細を見てみるとこれは本当にApplePayno魅力がさらに増すサービスだと思います。
特に「dカード」ユーザーにとっては、ポイントカード提示の一手間がなくなってお得さそのまま、というのはとても嬉しいです!

ファミリーマートのTポイントやセブンイレブンのnanacoポイント、イオンのWAONなど、他のコンビニやスーパーにもぜひ追随してほしいものです!