Apple、watchOS5.1へのアップデートで”文鎮化”してしまった場合の対応方法を公開

スポンサードリンク

先日公開されたAppleWatchむけの最新OS「watchOS 5.1」ですが、一部のユーザーでAppleロゴを表示したまま動かなくなってしまう、いわゆる“文鎮化”が発生していました。
不具合を把握したAppleはすでにwatchOS 5.1の公開を停止しており、まだ再開の目処は立っておりません。

※文鎮化してしまったのはごく一部のユーザーのみ、ということで、実際に私も問題なくwatchOS 5.1へのアップデートに成功しています。

そんな”文鎮化”してしまったAppleWatchへの対応方法について、Appleが公式に対応方法を公開しています。

Apple Watch が watchOS 5.1 にアップデートした後で Apple ロゴを表示したまま動かなくなった場合

Apple Watch に watchOS 5.1 をインストールする際に問題が起きたというお客様がごく一部ですがいらっしゃるため、万全を記すため、ソフトウェアアップデートの配信を停止いたしました。
watchOS 5.1 のインストール中に問題が起きた場合は、Apple サポートにお問い合わせください。
アップデートが正常にインストールされた場合は、特に対応する必要はありません。
この件については、今後のソフトウェアアップデートで解決する予定です。

Apple Watch が Apple ロゴを表示したまま動かなくなった場合は、以下の手順で対処してください。
1. Apple Watch を強制的に再起動します。サイドボタンと Digital Crown を両方とも、電源が切れるまで長押ししてください。
2. Apple Watch が Apple ロゴを表示したまま動かなくなった場合は、Apple サポートにお問い合わせください。

[ via Apple Watch が watchOS 5.1 にアップデートした後で Apple ロゴを表示したまま動かなくなった場合 – Apple サポート ]

非常にシンプルな対応方法ですが、要するに、強制再起動をかけることで通常起動できる可能性もあるということで、運悪く不具合にあたってしまった方は一度試してみてはいかがでしょうか。