「watchOS 5」で変わる50のこと

スポンサードリンク


Apple関連の情報サイト「9to5Mac」が、Youtubeチャンネルで「50 new watchOS 5 features / changes!」という動画をアップし、watchOS 5で新たに追加された機能や変更になった50のポイントを紹介しています。

開発者向けの「watchOS 5 beta」を実際に操作している様子も確認できるので、この秋、AppleWatchがどう変わるのかが気になる方はぜひチェックしてみてください!
(もちろん、開発者向けのベータ版なので、一部の機能は完成版には搭載されない可能性もありますが…。)

なお、watchOS 5 betaは現在不具合が発生した影響で公開が一時的に停止しています。
ベータ版を試してみたいという開発者の方は今しばらくお待ち下さい!!

「watchOS 5」で変わる50のこと

WWDCで紹介されていない機能では、コントロールセンターのボタンの並び替えが変更できる点や、「Hey Siri!」と言わなくてもSiriを起動できる点。Wi-Fiへの接続をWatch単体で設定できる点などが期待大!
「天気」「タイマー」などの既存アプリの追加・変更点も気になるものが多いです。
ウェブサイトのプレビューができる機能も、早く使い勝手を試してみたいですね!

iPhone側の設定や画面

ワークアウト関連

コントロールセンター、通知センター関連

新アプリ関連

文字盤関連

「天気」アプリ関連

「世界時計」アプリ関連

「タイマー」アプリ関連

「メール」アプリ関連

「設定」アプリ関連

その他のアプリ関連

その他の変更点

  • ドック
    • ドック画面で右から左へスワイプしたときに表示される「アプリの削除」ボタンのデザインが変更
  • 「おやすみモード」の機能強化
    • コントロールセンターから起動する際、1時間、夕方まで、この場所から離れるまで、など柔軟な設定が可能に
  • student ID
    • WWDCでも紹介された、AppleWatchを学生証として使える機能
  • Siriの起動時に「Hey Siri」が不要に。
    • 腕時計を持ち上げたら、自動的にSiriが起動し、「Hey Siri!」なしで指示を出すことができます。

    [ via Hands-on: 50 new watchOS 5 changes and features [Video] | 9to5Mac ]