Audible(オーディブル)がついにAppleWatch対応!…いまいち安定しないアプリへの対処方法は?

先日公開されたAppleWatchの最新OS「watchOS 5」のリリースに合わせ、Amazon系列のオーディオブックサービス『Audible(オーディブル)』がApple Watchに対応しました。

watchOS 5から採用された音声のバックグラウンド再生に対応したアプリで、もちろんAppleWatch単体での再生も可能で、ウォーキング中など音楽だけではなくオーディオブックが聞けるというかなり”待望”のアップデートです。
・・・が、正直なところAudibleのAppleWatch向けアプリは動作が今ひとつ安定しておらず、まだ実用レベルには達していないというのが正直なところ…。
サービス自体は非常に満足度が高く、iPhoneで再生(AppleWatchはリモコン代わり)する分には全く問題ないのですが、期待していたAppleWatch単体でのAudible再生はまだまだ先になりそうです。。

Audible(オーディブル)とは?

Audible(オーディブル)はAmazonが提供しているオーディオブックサービス。「聞く読書」、いわゆる「朗読」を聞けるサービスです。
ビジネス書・自己啓発本、現代小説から名作の古典小説。さらには落語や公演。名作から比較的新しいベストセラーまで、なかなかたくさんの本が対象になっています。
読み手もプロのナレーターだけじゃなく俳優さんや女優さんなどバラエティーに富んでいるのも聞く楽しみがあります。

元々アメリカで定番のサービスということもあり洋書のラインナップも非常に充実しているので、英語の勉強を目的とした使い方もできそうです。

会員になることで毎月コインがもらえ、コイン1枚につき1冊の本が読め、さらにコインがなくても通常の本や電子書籍と同じように1冊単位で購入することもできます。
また、会員であれば無料で聞けるPodcast的な番組もあり、これもなかなか魅力的。
今話題になっているベストセラーを1冊20分で要約してくれる番組など、朝の通勤時間などにピッタリの番組や、落語に特化した番組など、本を購入しなくても結構楽しめてしまいます。

Audibleに関するもっと詳しい情報はこちらから→Audible (オーディブル):本は、聴こう。|ボイスブック配信サービス|Audible.co.jp

Audibleの1ヶ月無料体験はこちらから↓

Audible(オーディブル)のAppleWatchアプリの使い方は?

AudibleのAppleWatchアプリの使い方は、watchアプリを起動した画面にある通り。
…と言いたいところですが、冒頭にも書いた通り、今のところAudibleのWatchアプリは動作がまったく安定していません。

iPhoneからWatchへのコンテンツの転送まではできる(これはこれで超時間がかかるんですが…。)んですが、、転送後にwatchアプリを起動するとアプリのローディングが一瞬動いたあと、すぐにアプリが落ちてしまいます…。

一度落ちてしまうと、あとはもう何もできなくなり、アプリがまったく立ち上がらなくなってしまいます…。
期待していたアプリだけにショックですが…こればかりはアプリ側のアップデートに期待するしかないですね。。。

安定しないAudibleのWatchアプリとどう向き合う?対処方法は?

watchアプリが起動しないので仕方なくiPhoneで再生することになりますが、Audibleのやっかいなのはwatchアプリが存在することで逆にiPhoneでの再生にも問題が発生してしまう点…。
iPhoneでAudibleを再生中に、AppleWatchの画面のインジケータから「再生中」を呼び出そうとすると、watchアプリが一瞬立ち上がり、再生が止まってアプリも落ちてしまいます。

文字盤上部のインジケータ。通常は「再生中」アプリが立ち上がり音量調整や「ちょっと前に戻す」といった操作が可能。

Siriの文字盤や、「再生中」のコンプリケーションから起動する場合は「再生中」が立ち上がるので音量調整などは可能。
でも、なぜか文字盤のインジケータ経由ではアプリが立ち上がりません…。

「Siri文字盤は使いたくないし、再生中をコンプリケーションに入れたくない!」「インジケータをちゃんと正常に使いたい!」という場合、解決方法は一つ。
なんだか変な話ですが、AppleWatchからAudibleアプリをアンインストールするというのがベストです。


watchアプリのアンインストールは、iPhoneの「Watch」アプリの「マイウォッチ」を選択。画面を下にスクロールしていくと「APPLE WATCHにインストール済み」のリストが出てくるのでAudible(オーディブル)アプリを見つけてタップ。
「AppをApple Watchで表示」をオフにすることでアンインストールされます。

watchアプリが無いため、文字盤のインジケータをタップすると、Audibleではなく「再生中」が表示されるため、問題なく操作することができます。


というわけで、超期待大!だっただけにちょっと残念なことになっているAudible(オーディブル)のAppleWatchアプリ対応。今後のアプリの開発動向をチェックしていきたいものです。

なお、Watchアプリは今ひとつ使えない結果でしたが、Audible(オーディブル)というサービス自体は本当に良いサービスだと思うので、まだWatch単体では使えないもののオススメしておきたいと思います!!

Audibleに関する詳しい情報はこちらから→Audible (オーディブル):本は、聴こう。|ボイスブック配信サービス|Audible.co.jp

Audibleの1ヶ月無料体験はこちらから↓