Apple純正のスポーツループ、2019年9月のリニューアルによる変更点まとめ

Apple Watch Series 5の発売にともない、Apple純正のバンド「スポーツループ」の仕様が一部変更になりました。

「スポーツループ」は2017年の9月、Apple Watch Series 3の発売と同時に発表されたバンドでしたが、2年の期間を経ての今回のマイナーアップデート。
特に、Apple Watch Series 5をお使いの方には影響が大きい変更なので、スポーツループを愛用されている方はチェックしておきましょう!

Apple Watch Series 5の「コンパス」機能への干渉問題が解消された!!

Apple Watch Series 5には、Apple Watchでは初めて「コンパス」の機能が採用されました。
マップとの連携など、非常に便利な機能ではあるんですが、当初よりマグネットを利用した一部のバンドでセンサーの干渉が起こることが発覚しており、すでに公式サイトでも発表されています。

マグネットを利用したバンドといえば、Apple純正では「ミラネーゼループ」と「レザーループ」。
ただ、公式のサポートサイトでは、「2019年9月より前に発売されていたスポーツループ」もコンパスに干渉する可能性があるバンドとして記載されています。

[ via Apple Watch Series 5 でコンパスを使う – Apple サポート ]

AppleWatchのスポーツループ、旧モデルは「コンパス」に大きく影響。新しいモデルは干渉なし!

実際に、旧モデルのスポーツループを装着してみると、確かに大きくズレていることが確認できます。
iPhoneのコンパスと並べてみると、180度近くズレていることがわかります。

2017年9月購入モデルでのコンパスの表示。

もちろん、2019年9月以降に発売された新しいスポーツループは、コンパスとの干渉がなく使用することができます。

2019年11月購入モデルでのコンパスの表示。

旧モデルでは、Apple Watchとの接続部分や留め具部分が磁石にくっついた!

ファブリック素材のはずのスポーツループがどうしてコンパスに影響を与えるのか?といえば、旧モデルではAppleWatchとの接続部分や留め具の部分が磁石にくっつく素材でつくられていることが要因です。

この仕様により、旧モデルでは「コンパス」に影響があったようです。
新しいモデルでは、磁石がくっつかなくなっており、コンパスにも影響なく使用することができます。

スポーツループは、トレッキングや登山にも使いやすいバンドなので、コンパスを利用する機会も多いと思います。
Apple Watch Series 5のコンパス機能を使う機会が多いという人は、新しいスポーツループに買い換えるメリットは大きいと思います!!

新しいスポーツループは、長さがちょっとだけ短い!ツートンカラーを堪能できる長さに

スポーツループの仕様変更点としては、バンド自体の長さにも変更がありました。

赤いバンドが新しいモデル。1.5cmほど短くなっている。

従来のスポーツループは比較的長く、手首が細い人だと、巻きつけたあとにほとんど余裕がないこともあったと思います。
新しいスポーツループはデザインがツートンカラーのものが増えたこともあり、2色使いのデザインをちゃんと楽しめるように長さが調整されたのでしょう。

スポーツループが長すぎると感じていた人にも、嬉しいアップデートですね!!

私が11月に購入した、新デザインになった「(PRODUCT)RED スポーツループ」については、以下の動画もチェックしてみてください!

Apple純正のアクセサリは、「楽天Rebates(リーベイツ)」経由で購入するのがオススメ!

Apple純正のアクセサリは、AppleStoreで購入することが多いと思いますが、AppleStoreでの買い物も「楽天Rebates(リーベイツ)」ならちょっとお得に購入することができます。

楽天Rebatesは、楽天が運営するポイントサイトなのですが、一度楽天Rebatesのサイトを経由してAppleStoreにアクセスすることで、Apple Storeでの買い物に対して1%のポイント還元を受けることができます。
1%なのでそこまで大きなポイントではありませんが、量販店などでもほとんどポイントが付かないApple製品なので、1%でもポイントがもらえるのは嬉しいですよね!
AppleStoreで買い物をする時は、Rebates経由というのは、Appleファンなら覚えておいて損はない情報だと思います!

Rebatesお友達紹介キャンペーン